941. 琳派展 (Studies in Green)


青楓朱楓図屏風(右隻)
(酒井抱一、『青楓朱楓図屏風(右隻)』、1818)


京都国立博物館で琳派展を見る。
江戸時代も19世紀にもなると、顔料の質が上がり、一気に色彩が鮮やかになる。
「緑色」もまた、然りである。
酒井抱一の『青楓朱楓図屏風(右隻)』の緑の鮮やかさときたら、筆舌に尽くしがたい。



白楽天図屛風 尾形光琳
(尾形光琳、『白楽天図屛風』、18世紀) 


百年ほど遡って尾形光琳の『白楽天図屏風』に目を移してみると、こちらの緑もまた魅力的なのである。
では、書き改めなくてはならない。…江戸時代も18世紀にもなると、顔料の質が上がり、一気に色彩が鮮やかになる。「緑色」もまた、然りである。


 飯を食ってしまったら、急に冷気を感じ出したのはさすがに海抜三千尺である。成程廬山はつまらないにもしろ、この五月の寒さだけは珍重に値するのに違いない。私は窓側の長椅子に岩山の松を眺めながら、兎に角廬山の避暑地的価値には敬意を表したいと考えた。
 其処へ姿を現したのは大元洋行の主人である。主人はもう五十を越しているのであろう。しかし赤みのさした顔はまだエネルギイに充ち満ちた、逞しい活動家を示している。我々はこの主人を相手にいろいろ廬山の話をした。主人は頗る雄弁である。或は雄弁過ぎるのかも知れない。何しろ一たび興到ると、白楽天と云う名前をハクラクと縮めてしまうのだから、それだけでも豪快や思うべしである。
「香炉峰と云うのも二つありますがね。こっちのは李白の香炉峰、あっちのは白楽天の香炉峰――このハクラクの香炉峰ってやつは松一本ない禿山でがす。……」
 大体こう云う調子である。が、それはまだしも好い。いや、香炉峰の二つあるのなどは寧ろ我々には便利である。一つしかないものを二つにするのは特許権を無視した罪悪かも知れない。しかし既に二つあるものは、たとい三つにしたにもせよ、不法行為にはならない筈である。だから私は向うに見える山を忽「私の香炉峰」にした。けれども主人は雄弁以外に、廬山を見ること恋人の如き、熱烈なる愛着を蓄えている。
「この廬山って山はですね。五老峰とか、三畳泉とか、古来名所の多い山でがす。まあ、御見物なさるんなら、いくら短くっても一週間、それから十日って所でがしょう。その先は一月でも半年でも、――尤も冬は虎も出ますが……」
(芥川龍之介「長江游記」)


こちらは、芥川が20世紀初に書いた「白楽天」のエピソードである。
源氏物語や枕草子、あるいは能や謡曲にも取り上げられているように「白楽天」というのは、これまでの日本では一番親しまれてきた詩人だったのだなあ、と取り留めない感想を述べて、この項を終わります。



にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

940. ロザリオ礼拝堂 (Studies in Green)


Henri Matisse in the Chapel of the Rosary in Vence, 1951 (Photo Life,Dmitri Kessel)
(Henri Matisse in the Chapel of the Rosary in Vence, 1951
; Photo: Life/Dmitri Kessel)



ロザリオ礼拝堂は、南仏ニースの北、ヴァンスという町のアンリ・マティス通りにある。
マティスが内装を担当した。晩年のマティスが自らの集大成として取り組んだことで知られる。
マティスは設計にあたって、空、植物、光という3つのテーマを選び、それぞれを示す色として青・緑・黄色の3色を選んだ。
植物好きで知られ、自身のアトリエを植物園のようにしてしまったというマティスのことである、この教会のステンドグラス、壁画、タイル、装飾品など、あらゆるところに緑があふれているのである。


にほんブログ村 本ブログへ


939. f植物園の巣穴 (Studies in Green)


f植物園の巣穴


梨木香歩の「f植物園の巣穴」(朝日新聞出版、2009)、
表紙と扉絵の美しい花の図版は、小石川植物園植物図(加藤竹斎)から借りたものだと書いてある。
それで思い出したのだが、小石川植物園には、たしかに大きな洞を持つ巨木がいっぱいあって、いかにも何かが巣くっているかのように見えた。美しい緑や、花に酔いしれていると、そんな巣穴のひとつに落ちてしまって迷い込んで、どこか異界の方にワープしてしまうのかもしれない。

歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比売神……。人と動物が楽しく語りあい、植物が繁茂し、過去と現在が入り交じった世界で、私はゆっくり記憶を掘り起こしてゆく。怪しくものびやかな21世紀の異界譚。(朝日新聞出版、解説)


という出版社の解説とは異なり、これは異界譚ではない。と思う。
いかにも異界譚を繰り広げるようなふりをして、実は、単純な「私小説」のようなものでもあって、なんのことはない、いつかどこかで失ってしまった自分を、喪なわれてしまった自己を、苦心惨憺の上、異界を彷徨ったり、過去と現在をワープしたりした上で、どうにか取り戻すという物語なのである。
ありふれたテーマ、ありふれた自己再確認の物語も、梨木さんの手にかかると、こんなにもまわりくどく(失礼)、そして奇妙で不思議で、読み手の脳を特製の毒で痺れさせるような物語に仕上げられてしまう。まあいいさ、梨木ファンとしてはこんなものもあんなものも丸ごと引き受けて、充分に楽しめるくらいの度量があるってものさ。



にほんブログ村 本ブログへ


938. リビイが見た木の妖精 (Studies in Green)


Nothing said L.M.Boston 1971  リビイが見た木の妖精


「リビイが見た木の妖精」(1971)は、ルーシー・M・ボストンの晩年の作品。
とても瑞瑞しい話である。きっと読むたびにみずみずしい気持ちにさせてくれる話である。
クローディアやエーミールの話は、こんな楽しい本があるぞと大きい声で叫びたい気持ちにさせる本だ。
「リビイ」は、そうではなくて、自分だけの本として、とっておきたくなるような本なのである。

ジューリアの家といったら、とても古くて、ほうぼうに、余分なすみっことか、壁のへこみとかがあります。それに、いろいろな大きさのドアが、そこらじゅうにあります。ドアをあけてみなければ、つぎは、またへやなのか、戸だななのか、廊下なのか、階段なのか、さっぱりけんとうがつきません。絵や、本だなや、がらくたが、どこにもいっぱいあって、もうひとつ、なにかおこうと思っても、そのすきまがないほどです。
さて、犬はリビイを朝食の間につれていきました。このへやは、リビイひとりではとうてい、みつけられないところにありました。
(長沼登代子訳、岩波少年文庫)


ボストンの代表作 『グリーン・ノウシリーズ』 は、彼女が死ぬまで住んでいた英国のヘミングフォード・グレイのマナーハウスがモデルになっている。現在はボストン記念館になっている家である。
ボストンは、古くて静かな屋敷が隠し持つもの、そこに宿っているものに出会うところから、物語を始めるのが得意らしい。
リビイもまた、この田舎の古い家で、不思議なものたちに出会い不思議な経験をすることになるのである。
おっと書き忘れるところだったが、リビイが見た木の妖精は、緑の髪をしているのだった。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




937. 雷鳴よ轟け、グリーンスリーブスの調べで (Studies in Green)


My Lady Greensleeves,Rossetti,1863
(My Lady Greensleeves,Dante Gabriel Rossetti,1863)


グリーンスリーブス(Greensleeves)は、伝統的なイングランドの民謡である。
作られたのは16世紀頃だという。以降、500年のあいだに、さまざまな形で歌われ、演奏され、引用され、あるいはオペラのような形で演じられてきた。


The Complete 1961 Village Vanguard Recordings
(John Coltrane,The Complete 1961 Village Vanguard Recordings)


そして、絵にもなっている。
トップの画像は、ロセッティの描いた「My Lady Greensleeves」という作品。
あの柔らかな曲調から、どうしてこんなに官能的な絵が生まれるのか ? などと思うのはありがちな誤りで、もともと原曲も激しい恋の歌なのだという。
そう思って聞くと、このコルトレーンの演奏の狂おしいような美しさにも納得がいくのである。
→ YouTube (音量注意)
John Coltrane - What Child Is This? (Greensleeves) Live @ Village Vanguard




にほんブログ村 本ブログへ


936. エメラルド・シティ (Studies in Green)


Emerald City
(Photographer Annie Leibovitz Series of photographs for Vogue magazine December 2005)


画像は、写真家のアニー・リーボヴィッツが、雑誌『ヴォーグ』の企画で撮った『オズの・魔法使い』(2005)、
ドロシーに扮する女優は、キーラ・ナイトレイである。
しかし、今日の記事のテーマは、美貌と貧乳についてではない。
写真の背景に姿を見せるエメラルド・シティの方について書こうと思う。
なぜ、緑は、魔女の色なのだろうか?


Best Elphaba in Wicked
(「The Top Ten Best Elphaba in Wicked」by www.culturalist.com)


イディナ・メンゼル (ミュージカル『Wicked』のオリジナル版で緑の魔女「エルファバ」役に扮した) のこの笑顔を見ていると、そんな疑問などどちらでもよくなってくるから不思議だ。
たぶん中世ヨーロッパの時代の緑色に関するイメージ=緑が悪魔や、醜さを表わす色であるというイメージが、その後も長く受け継がれてきているんだろうなと、そう書いておいて今日のスタディを終わろうと思うのである。


にほんブログ村 本ブログへ



935. 筑波植物園/火星植物園 (Studies in Green)


植物園
(筑波実験植物園、左からスカシユリ、ヤマユリ、ユウスゲ)


しばし、つくば市に滞在中。
休日に植物園を見に行く。
今の見ごろは、ユリ、カワラサイコ、カワラナデシコなどだという。
ということで、トップは百合の画像。
なんと不気味(失礼)なこと!
妖しさでは、百合と薔薇が双璧だろうか。

薔薇の根を愛した男。ただ薔薇のために生きたままの肉体を捧げ、地下に潜む根のために奉仕しようと願う。火星のきびしい気候や条件下でも繁茂の可能性がある植物を育て、人間の皮膚に共生する植物を産みだそうとする。
(中井英夫 「火星植物園」)


「火星植物園」は、10頁ほどの掌編であるが、奇妙で妖美で濃密な物語が展開されて、あっというまにその世界の虜になる。何かに憑かれたようなふわふわとした精神状態に突き落とされてしまう。
植物園って怖い、と思っても、もう遅いのである。



にほんブログ村 本ブログへ



934. 朝顔市 (Studies in Green)


securedownload.jpg



入谷から出る朝顔の車かな 子規


というわけで、東京、入谷の朝顔市の日のこと。
仕事のために道をいそいでいると、こんな車を見つけたのである。
これは、子規の句、そのものではないかと喜んだりする。
といっても、子規の時代なら荷車だったはずなのだが、
まあ幌付きトラックでも良しとしようと思う。



にほんブログ村 本ブログへ



933. トレヴェニアン パールストリートのクレイジー女たち (Studies in Green)


Trevanian.jpg  Trevanian2.jpg


932に次いで、聖パトリックデイのはなしである。
ここには、レプラコーンは登場しないが、緑色のソーダと緑色のケーキが登場する!
物語の舞台は、1930年代のアメリカ。
今、ニューヨーク州のちいさな町に、少年の一家が引っ越してきたところ。

 裏側のホールの手摺りから頭をつきだしてアン=マリーが見守るなか、僕は地下へ続く薄暗い階段を、そろそろとおりて行った。じっとりとした、気味の悪い冷気が下からのぼってくる。妹が見ているのだから、しっかりいちばん下までおりて、地下室のドアを少しあけ、なかをのぞかないわけにはいかない。けれど、そのとき何かが聞こえた   あるいは聞こえた気がした   。僕はわざとおそろしげな声をあげて階段を駆け戻った。アン=マリーをこわがらせようとしているのであって、自分がこわがっているわけではないかのように。そういうことをしながら、でも僕たちは何度も台所に戻った。緑色のクレープ紙でつくった輪飾りがたれさがり、聖パトリックデイの紙皿やナプキンがならび、緑色のソーダまである、パーティの用意がされた台所に。僕たちは、緑色のケーキを買って帰ってくる父親の気配に耳をそばだてていた。緑色のケーキ!
(江國香織訳)


「パールストリートのクレイジー女たち」(2005)は、トレヴェニアン(1931-2005)の最後の長篇小説だという。
アイガー・サンクション(1972) 、夢果つる街(1976) 、シブミ(1979)、バスク、真夏の死(1983)と、新作が出るつど僕らを驚かせてきた作家のこと。最後の作品には、どんな新しい趣向が盛り込まれているのか。大いに期待して読んだのである。
    読んでみると、これは、とてもオーソドックスな少年小説なのだった。
この低い音域のリフばかりが続くような小説の味わい深さを、支持する読者はどれくらいいるだろうか。



にほんブログ村 本ブログへ



932. Leprechaun (Studies in Green)


Leprechaun.gif
(Harry Potter Wiki 「Leprechaun」)


レプラコーン は、アイルランドの伝承に登場する妖精である。
御覧のような緑の服が特徴である。そういえば、サッカーのアイルランドチームも緑のユニフォームだ。
アイルランドへ行けばみんなが緑の服を着ているというわけではないのだろうが。
アメリカでは、聖パトリックの祝日は別名「緑の日」で、街中が緑づくしになる。
シカゴでは川が緑色に染められ、建物は緑色にライトアップされる・・・。

Leprechaun/レプラコーン(クローリコーン)
M.O.M.分類:XXX
生息地:アイルランド
身長最大20cm。森林に棲む。緑色をしていて、木の葉で簡単な衣服を作る。
2、3時間で消失する偽物の黄金を創れる。木の葉を食す。悪戯好き。胎生。
クィディッチのアイルランド・ナショナルチームのマスコット。
レイブンクロー寮の寮監フリットウィックはレプラコーンの血を引いている。

(Harry Potter Wiki 「 Leprechaun」 )


映画では、ハリー・ポッターにもレプラコーンは登場して、金貨を降らせた。
ところが、小説のなかに登場してくるレプラコーンがなかなか思いつかない。
    教えていただけると喜びます。



にほんブログ村 本ブログへ





被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク