スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

473. オラシオ・キローガ ある人夫

キローガ(1878-1937は、ウルグアイ生まれの作家。
後にアルゼンチンに移り、主に、ミシオネス州という奥地の密林地帯を舞台に小説を書いた。物語には、毒蛇やネズミや蜜蜂や怪鳥や幽霊やヴァンパイアなどが登場し、これら前近代的な生き物や風習が残る土地で、すこぶる近代的な小説を書いた。また人間の死について繰り返し書き続け、後に"死の作家"などと呼ばれたりした。

ミシオネスでのある日の午後、ちょうど私が昼食を終えたとき、表門の鈴が鳴った。外に出てみると、片手に帽子を持ち、もう片方の手にスーツケースを下げた、若い男が立っていた。
気温は軽く四十度に達していて、訪問者の縮れ毛の上では、六十度にも感じられるのではないかと思われた。しかし、その若者には暑さに悩まされた様子がまったくなかった。門内に招き入れると、彼は直径五メートルあるマンダリンオレンジの樹冠を、物珍しそうに眺めながら、微笑を浮かべて歩いてきた。ついでに言っておくと、そのオレンジの木は、土地の人間にとって自慢の種であり、私自身の誇りでもあった。
(「ある人夫」冒頭、甕由己夫訳)


「ある人夫(ぺオン)」(1918)、邦訳は国書刊行会のキローガ短編集成『野生の蜜』に所収。
この作品でも、一人の男の死の物語が綴られている。
しかし、読後に浮かび上がってくるのは、同時に描かれていた彼の鮮やかな生の軌跡の方である。だとしたら、キローガが繰り返し描いた"死の物語"とは何だったのか?



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ







スポンサーサイト

472. ゴールズワージー 林檎の樹

「林檎の樹」(1916)は、恋愛小説の古典である。ひとりの男の回想の物語である。
冒頭には、エウリビデスの『ヒポリタス』という悲劇のなかで歌われる詩が引用されている。

 黄金なる林檎の樹、
 美しく流るる歌姫のこえ

もちろん、ギリシア神話の理想郷でたわわに実をつける林檎の樹のようなものを追い求めるのは、今や儚い夢のようなものだというのである。

その夜、もう十一時近くなっていた。読みもせずに半時間も手にしていたポケット版「オディセイ」を置き、アシャーストはそっと前庭を通り抜けて果樹園に下りて行った。ちょうどいま出たばっかりの月は本当の黄金色をして丘の向こうに輝きわたり、あかあかと力強い見張り番の妖精のように、まばらに葉をつけた梣(とねりこ)の枝々の間からのぞいていた。林檎の樹々の間はまだ小暗く、アシャーストが方角を確かめようとして立ち止ると、足元にざらざらした、草の葉の触れるのを感じた。(中略)
見れば頭のまわり一面、かすみなす生々とした白の一いろだった。こそとも動かぬ黒い樹々の無数の花や蕾、ほのかに匂うそれらのすべては、這いよる月光の魔法にかかって生命を与えられているのだ。アシャーストは生きとし生けるものたちの、いとも奇妙な感動をおぼえた。それはちょうど幾万ともしれぬ多くの白蛾か妖精が浮き出てきて、暗い夜空と、それよりもなお暗い大地の間にむらがり、彼の眼の高さくらいのところで翅をひろげたり、つぼめたりしているように思えた。その瞬間のまどわしい、静かな、匂いのない美しさは、なぜ彼がこの果樹園にやって来たのか、それすら忘れて しまうほどだった。日中ずっと地上をおおうていた、うきうきした魅力は、静かな夜の今もただよっているが、ただ、この新しい姿に変わったのだ。
(渡辺万里訳)


引用したのは、青年が待ち合わせ場所の林檎の樹の下まで出かけていく場面。
夜、月光、小川、樹々、あまりに美しい情景に出会って、男はその場所が自分たちにふさわしい場所ではないという感じにとらわれる。神と女神、牧神と妖精にのみふさわしい場所ではないかと思えてくる。だから、”彼女が来ない方が、その方がよっぽど救われる”と、そんなふうに感じてしまうのである。
しかしもちろんそんなことは嘘である。彼は、ひたすら耳をすまし、彼女の気配を探している・・・。

百年前の小説に、ちょっとだけ、こころを揺り動かされて、本を置いた。
“ちょっとだけ”としたのが”見栄”のためかどうかは書かない。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ






☆ 639. 国立科学博物館

○CIMG3677

またまた上野公園に来ています。
今日は、国立科学博物館、おおきなクジラの模型のある方です。
その向こうの通りを渡った先にあるのは、東京国立博物館。
こちらは、科学博物館。まちがえないでっ!

「元素のふしぎ展」、たのしかったですよ。
でも、今日、紹介したいのは"階段"のほう。
科博には、有名な石造りの大きならせん階段があるんです。
展示室の奥のくらーいところにずしんと控えているから探してみて。



○国立科学博物館3681

ところが紹介したいのはそれでもない。
こちらのキュートな階段。↑
クジラの模型の下のなんだかまるーいかたちのちいさなやつ。



○国立科学博物館36

それからこちらの、
なんだか昔昔の"石の都"の今は無人となった哀しい貴族の館の階段のような階段。↑
科博には、なんでもあるなぁ、こんな変わった階段が幾つもあるんですよ。
以上、報告します。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




☆☆ コールデコット ブレイスブリッジ邸/森のなかのこどもたち

アーヴィング


2009年にワシントン・アーヴィングの未訳の名作「ブレイスブリッジ邸」(岩波文庫)が訳出されたとき、うれしいおまけが付いてきた。ランドルフ・コールデコット(1846-1886)の美しい表紙絵といっぱいの挿絵である。
コールデコットとアーヴィングは、このほかに「Old Christmas」という美しい本も出している。いつもならペーパーバックで充分なのであるが、この2冊については、「古書」がほしいなあと唇を噛み締めてしまうのである。仕方がないのでしばらくは彼の絵本「森の中のこどもたち」(1879)でも眺めて過ごそう。おっとこれも復刻版であるのは仕方のないこと。


コールデコット1


コールデコット2


これは木版による多色印刷で創られた絵本の最も初期のものでもある。
彫版師エドマンド・エヴァンズの神業のような技術がなければ、この美しい絵本も、そしてこの深い夢見るような青も得られなかったのである。多謝。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ





471. P・G・ウッドハウス オレンジ一個分のジュース

「オレンジ一個分のジュース」(1935)は、P・G・ウッドハウス の“ミスター・マリナー”シリーズの一篇。謎の紳士マリナー氏が語るのは、どれも彼の親戚たち(無数の甥や縁者たち)にまつわる物語である。
・・・イギリス流のユーモア小説、大好物である。しかし、ウッドハウスの作品は、ちょっと苦手である。特に長編の”ジーヴズ”はどうしても楽しめない。しかし、こちらの”マリナーもの”の短篇なら、わたしだって頑張れば笑えるのである。

名医が失恋した若者に与える処方は、軽い食事と決まっている。これを守らないと、ギリシャ悲劇なみに確実な破滅が待っているのだ。鉄の胃袋を持った男でも、失恋の痛手に耐えるために炭水化物をガツガツ詰めこむのは限度がある。ほどなくウィルモットは消化不良に苦しむはめになり、生まれて初めて医者にかかる仕儀となった。選んだ医者というのが、荒療治で有名な男だった。
「朝起きたら」と、医者はウィルモットに指示した。「オレンジ一個分のジュース。昼食には、オレンジ一個分のジュース。夕食には」   と、期待させるように間を置いて  「オレンジ一個分のジュース。これで食間には何も要らんと思うが、日中に  夜間にも  フラフラするようであれば、まあ、そうだな・・・・・・オレンジ一個分のジュースはさしつかえなかろう」
(岩永正勝、小山太一訳)


編者解説によれば、マリナー氏の親戚縁者は優に五十人を越えるそうだ。
同じく編者は、”フィクションの中とはいえ、これほどの親戚縁者がいたとは信じ難い”と書いている。・・・ホラ、頑張れば笑えるでしょう。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




470. プルースト 花咲く乙女たちのかげに (フルーツ小説百選)

「失われた時を求めて」のなかても、第二章「花咲く乙女たちのかげに」がわたしは大好きである。
引用するのは、"私"が、前の年に訪れたバルベックでの一日を回想する文章である。
ここで重要なのは、リンゴの花の思い出ではない。想像の力でそのバルベックの道に"ある日、再会することになる"という部分である。
 

私たちは出発した。駅の周囲をいったんぐるりとまわってから、やがて田舎道に入るのだが、角を曲がって美しい囲いになった畑のあいだにさしかかるあたりから、両側に耕した土地を控えた曲がり角でこの道をそれるまで、田舎道はコンブレーの道のように、たちまち私には懐かしいものになった。耕地の真ん中には、ところどころにリンゴの木が見かけられる。なるほどそれは花もつけておらず、ただ雌蕊だけが残っているのだが、それでも私をうっとりさせるには充分だった。なぜなら、私はそこにリンゴ特有の葉を認めたからで、広く茂ったその葉は、すでに終了した婚礼の壇の上にしかれた絨毯のように、つい最近までやや赤味を帯びた花の白いサテンの引き裾に踏まれていたのである。
 明くる年の五月のパリで、いったい何度私は花屋に行ってリンゴの枝を買い求め、それからその花を前にして夜を過ごしたことだろう。(中略) そして私はその花を想像の力で前の年のあの道に移して、数を何倍にも増やそうと試みたり、例の囲いになったふ畑の形はそらんじていたから、用意されたこの額縁のなかの準備万端ととのった画布の上に、その花を広くばらまこうとつとめたりしながら、しきりとその畑に再開したいと思うのだった。その結果じじつある日、私はそれに再会することになるのだが、それは春がうっとりさせるような天才の力で、そのカンヴァスを春の色で塗りこめるときであった。
(鈴木道彦訳)


あえて誤読を恐れないとすれば、想像の力で再会するのは、同じバルベックであることには違いないのだが、「前の年のあの道」ではなくて、「未来の道」に再会するのだと思う。そこには、花咲く少女たちがあらわれ、その中には自転車を押している褐色の髪でポロ帽をかぶったアルベルチーヌがふくまれている。さらに書かずもがなのことを書けば、私は少女たちと一緒にそこで杏のタルトを食べるのである。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




469. キアラン・カーソン シャムロック・ティー (フルーツ小説百選)

VanEyck-ArnolfiniPortrait.jpg


その絵のことはぼくもようく知っている。ずっと大好きな絵だったからである。
たった一度だけだが実際の作品も見たことがある。もち、オレンジのことも覚えている。
そりゃあ絵の前で釘づけにもなったさ。閉館の知らせをきくまでのあいだ、ほんの短い時間だったけれど。
それでも、窓の外にサクランボの木なんてあったか?青い空なんて覗いていたか?

 絵の中の部屋はオレンジの香りがした。ぼくは自分が着ているぜいたくな衣服のまとわりつくような重量感と、重くてかさばる帽子の裏地のひんやり湿った感触を意識した。隣に立っている女のひとはベレニスになっていた。彼女の黒髪は金髪になり、左右ふたつのお団子に結い上げられ、おのおののお団子には細く編んだ赤い網がかけられ、縦ひだをつけた白いリネンが髪全体を覆っている。彼女が着ている緑の長いガウンには毛皮の縁飾りがついていて、その毛皮の間から突き出したアンダードレスの青い紋織の袖は、袖口が金色とピンクの組み紐で編んだバンドになっていた。
ぼくはオレンジの香りがしてくるほうへ目をやった。窓の下枠の上に、自分の影を映しているいるオレンジがひとつ見つかった。あと三つ、衣裳収納箱の上にも見つかった。窓の外にはサクランボを実らせた一本の木が見え、ちょっぴりだが青い空も覗いている。窓から射し込んでくる光線の角度から見て、おそらく夏の日の正午頃だと思った。昼間なのに、真鍮を雷紋状に細工したシャンデリアにはロウソクが一本灯っていた。
 ますます奇妙てきれつマカ不思議だね、とペレニスが口を開いた。
(栩木伸明訳)


物語のなかで、主人公のぼくとペレニスは、"絵の中"に入っていってしまう。
その絵とは、ヤン・ファン・エイクの『アルノルフィーニ夫妻の肖像』である。
もちろん、この絵なら、その中に入ってしまいたいと誰でも思うだろう。
だが、しかし、二人は入りたいと思って入ったのではなかった・・・。

キアラン・カーソン(1948-)は、アイルランドの詩人であり作家である。
この本も、なにやらきらきらした散文詩のような断章をつみあげていったら、最後にひとつの物語になったと、そんな感じがするのである。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




468. テリー・ビッスン 熊が火を発見する (フルーツ小説百選)

テリー・ビッスンの「熊が火を発見する」(1990)は、その題名の通りの物語である。
アメリカ各地で火を発見した熊たちが目撃される。熊たちは、もっぱら"ニューベリー"と名付けられた新種の果実を食べている。ある日、行方不明になった老母を探しに行くと、熊たちと一緒にいた・・・。
発表当時、アメリカで、SFの各賞を総なめにしたというだけのことはある。シュールだが笑える一篇である。
邦訳は、中村融・編訳の日本オリジナル短編集『ふたりジャネット』に所収。
河出書房の奇想コレクションの一冊である。

薪の大半は鈴掛と橅の枝だった。熱や光をほとんどださず、煙を盛大にだす種類だ。熊はまだ木の善し悪しを学んでいない。もっとも、火のあつかいはみごとなものだったが。北国生まれらしい大きな暗褐色のクロクマが、棒で火をつっつきながら、ときおりわきの小山から枝をくべ足していた。ほかの連中は丸太にすわり、ゆるやかな車座になっていた。おおかたは小ぶりのクロクマかナマケグマで、一頭は子連れの母熊だ。なかにはホイールキャップからニューベリーを食べているものもいた。食べるかわりに、じっと火を見つめながら、おふくろがホームのベッドカヴァーを肩に巻きつけ、連中にまじってすわっていた。(中略)
ホイールキャップがまわされ、みんながニューベリーをとった。おふくろはいざ知らず、おれは食べるまねだけにした。ウォーレス・ジュニアは顔をしかめ、口にいれたニューベリーをぺっと吐きだした。
(中村融訳)


この"ニューベリー"なるもの、インターステートの分離帯にだけ生える新種の灌木の実だそうだ。それで肝心のその味のことなんだが・・・。
小説のなかで味見してみたやつに訊くと、「えらく甘いのにすっぱいんだ、いかにも熊が好きそうな味だったよ」、とのこと。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




467. オルハン・パムク 無垢の博物館 (フルーツ小説百選)

無垢の博物館


「無垢の博物館」(2008)、小説の舞台は1970年代のトルコ、イスタンブール。
登場するのはケマル、三十代の男、これは彼の愛の物語である。
物語の途中で、彼が愛する女性の為に、映画製作に関わる場面がある。
その社名は「レモン映画製作社」。
いい名前だなぁ。
・・・しかし、この部分を採って、『フルーツ小説百選』にと思ったら、それは大きな間違いだった。レモンとは、彼女が飼っていたカナリアの名前なのだという。

トルコ初のフルーツ味サイダー、メルテム。その新聞広告やテレビコマーシャル、あるいはイチゴや桃、オレンジにサクランボといった味の実際の製品がわたしの博物館には展示してある。あのころの満ち足りていて愉快な、そして溌剌とした雰囲気や、脳天気さを思い出させてくれるからだ。
(宮下遼訳)


”博物館”とは、後に、彼が愛した女性の持物や思い出の品を展示するために作った私設博物館を指す。”フルーツ味のサイダー”は、まさに恋愛が始まった頃の彼の気分を象徴するアイテムとして示されている。物語の最後にも、このサイダーにまつわる小さなエピソードが登場してくるのだが、それがすこし哀しい。

PS.2012年に、この博物館は実際のものとなった。
イスタンブールの新たな観光名所となっているようだ。
画像は、このミュージアムの階段である。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




☆638. ウィーン美術史美術館 (美術館の階段)

◎美術史ウィーン01


ウィーンの美術史美術館、1891年開館。
400年に亘るハプスブルク家のコレクションを基に、古代から19世紀までのヨーロッパ絵画を中心に所蔵する。そして建物も、そのコレクションに見合うように、重厚で壮麗である。
画像は、エントランスの階段。



◎ウィーン美術史


そして、内部に入ると、そこには美しい大階段がある。
折しも階段上部には、仮設の「 Klimt Bridge」なるものが置かれ、クリムトが描いた美しい壁画が間近で見られるのだという。なんたる幸せ!




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ







被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。