575. 記号の国のスープ (Today's Soup)


Barthes-Empire-des-signes.jpg


ロラン・バルトの 『記号の国』 (1970、旧題「表徴の帝国」) は、一見、「日本論」のような体裁をしている。
しかし、彼自身は、これはエクリチュールについての本だと語っていたらしい。

〈ご飯とおなじように   正反対の物質ではあるが   〉日本のスープは (スープというこの言葉は、どろどろしたものという印象をあやまってフランス人にあたえるし、ポタージュという言葉では食事つき下宿を思わせてしまうのだが) 、食べるものの戯れのなかに明澄な筆致をくわえている。フランスでは、澄んだスープとはみすぼらしいスープである。だが日本では、汁ものは軽やかで水のようにさらさらとして、ごくわずかの大豆やいんげん豆がゆらめき、ほんの二つか三つの固形物 (少量の青菜、糸のように細い野菜、魚のきれはしなど)が浮かんで、その少量の汁を区切っているのだった。澄み切った濃密さ、脂肪のない栄養ゆたかさ、澄むほどに滋養に富む霊薬、という観念がうかんでくる。水にみちた(水分をふくんだ、という以上の) 何か、ほのかに海を思わせる何かが、源泉とか深い生命力といった考えをもたらす。このように、日本の食べものは、材料を本質的に還元していった体系 (明澄性から分離性にいたる) のなかで、つまりシニフィアンのふるえのなかで作りあげられている。それこそ、言語の揺らぎのようなものの上に築かれたエクリチュールの基本的な性質なのであり、日本の食べものもまさにそのようなものであると思われる。
(石川美子訳)


この本は、日本の言語や食べものや都市や文楽や俳句についての断章を連ねながら、意味から解放された日本独自の文化についての賛歌を唱えているように見える。しかし、彼自身は、日本で発見したさまざまな驚きを表現するための新たなエクリチュールを模索し且つ実践することを主眼とした本だと考えていたらしい。

さて、ではエクリチュールとは何かということになる。分りにくい言葉である。分りにくいのが当然のことばでもある。それは、バルト自身がようやくこの本の中で見つけたものであるからだとも言える。
もしもあなたがあらたに体験した驚きを表現するすべを知っているとすれば、それがあなたのエクリチュールになる。では拙いスープ記事を毎日毎日書き連ねていくこのブロガーの行為はエクリチュールと言えるのかどうか。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです



574. レゼルヴとしてのスープ (Today's Soup)

cezanne,Still Life with Pears and Apples, Covered Blue Jar, and a Bottle of Wine
(Cezanne, Still Life with Pears and Apples, Covered Blue Jar, and a Bottle of Wine ,1902-1906)


フランス語には、「réserve (レゼルヴ)」 という言葉があるそうだ。
一般的には、保存とか、貯蔵とかの意味である。ワインなら ”とっておきの”ボトル となるし、図書館なら ” 稀覯本” とか ” 稀覯資料室” の意味になるらしい。

では、絵の場合はどうか? というと、
(といっても聞きかじりの知識なのでそのつもりでとらえておいてほしいし、まちがっていれば教えていただきたいと思うのだが、)  絵の場合、レゼルヴというと、「あえてしまいこんである未完の作品」 を指すことがあるのだそうだ。 (「あえてしまいこんである」、というのは、まだこれから手を入れるという意味でもあるのだろう)

セザンヌのこの水彩の作品を見たときに、ちょっと気になるのは手前の余白の大きさである。
いやなにもわかったようなことを言うつもりはなくて、この絵がみごとに完成された作品であることは疑う余地もない、その上でただささやかな希望を申し述べるだけなのであるし、ひとりのスープ・マニアのただの戯言として聞いていただけばそれでいいのだが、・・・・・・わたしはこの余白の部分にぜひとも”スープ・ボウル”を描き込んでほしかったと、そう思うのである。
もちろんそれはチュリーンでもプレートでもよかった。



cezanne,still-life-with-soup-tureen-1884
(Cezanne, Still Life with Soup Tureen ,1884)


セザンヌは、同じような対象を、同じような構図で、何度も何度も描いている。
おなじ静物画でも、油彩があり、水彩があり、大作があり、小品があり、未完のまま残されているような作品もある。スープ・チュリーンやスープ・プレートを描いた静物画もたくさんあるようだ。
上の画像も、そんな一枚である。




にほんブログ村 本ブログへ



573. 披露宴のメニュー (Today's Soup)


ハシェク,ヨゼフ・ラダ2
(「ハムスター事件」の挿絵、ヨゼフ・ラダ)


こんなブログの記事を書いているうちに、どうも「ネタバレ」を避けることに鈍感になってきているような気がする。平気で結末部を書いてみたり。     しかし、物語の中でいちぱん美しい部分、またはスープにかかわる箇所を引用するとなると、どうしてもそうなってしまうだろう。

実は、今日も、その恐れがありそうなのだ。先に謝っておくしかない。
引用するのは、ヤロスラフ・ハシェクの短篇 「ハムスター事件」(1900-20s)、邦訳は 『不埒な人たち』(平凡社) に所収の一篇である。

翌日、婚礼が祝われ、ホンザートコ氏の家での簡素な披露宴は、次のようなメニューで行われた・・・
 ケナガイタチのスープ。
 ケナガイタチのボイル、セイヨウワサビ添え。
 ハムスターのロースト、ポテト添え。
 モルモット料理、キャラウェイ・シード入り。
 ハリネズミ入りのパイ。

(ヤロスラフ・ハシェク「ハムスター事件」、飯島周訳)


いったい 「ケナガイタチのスープ」 なんてものが登場する婚礼・披露宴とはどういうものであるのか?!
気になるのはもっともだと思う。しかし、ネタバレを避けるために、このメニューが供されるに至る経緯を話せないのが残念である。いくら無神経なわたしでもそこまでは書けないのである。

ただし、ハシェク (1883-1923) の作品の面白さについては、作家についての次のようなエピソードを紹介するだけで充分だと思う。     「ハシェクは、100を超えるペンネームを用い、注文されれば何でも、注文されなくても何でも、という調子で作品を書きまくり、千数百の短篇を残した」



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



572. スープと雲 (Today's Soup)

Le Spleen de Paris


堀辰雄の処女作 「ルウベンスの偽画」(1930) は、自身の二十一歳のときの軽井沢での経験を基にして書いた恋愛譚である。作家は、この作品について、後にこんなふうに語っている。
    『その頃の私はどうも少しボオドレエルかぶれしてゐたやうに見える。ことに彼の好きな雲を私も好きになつて、例へば 「スウプと雲」 と云ふ散文詩に出てくる、彼がスウプを啜るのも忘れて窓からうつとりと見とれてゐたと云ふ、その雲のごときものを、私は何んとかして一度でもいいからこの手に觸って見たいと思ひつめてゐたのだつた。 「ルウベンスの偽画」 はさういふ私の思ひの凝結して成ったものである』    では、ぜひとも 「スウプと雲」 という作品を見なくてはならぬ。

 無性に私の可愛い女が、私を晩餐に招待した。私は感に耐えて、開け放たれた食堂の窓から、神が水蒸気もて建て給うた移動する建築、手に触れ得ない見事な構成を眺めていた。そうして感嘆の余り、私は思わずこう呟いた、「これらすべての幻想は、私の美しい恋人の、緑の眼をした私の可愛い小悪魔の、その眼と殆ど同じほど美しい。」
 すると突然、私はどしんと背中を一つ敲かれて、皺枯れた、魅力のある声を、ヒステリックな、火酒に焼かれたような声を、無性に私の可愛い女の、その声がこう云うのを聞いたのである、「どうなの、スープを早く召し上がらないの? まあこの、雲屋さんのお馬鹿さん・・・。」

(ボードレール「スープと雲」,1869、三好達治訳)


なるほど、これで、二人の詩人と作家の「雲」に関する深い思いは十分に解った。
では、スープの立場はどうなるのか?




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




571. 無作法とはなにか (Today's Soup)


テオプラストス


なにかに迷ったりわからないことがあれば、まずは古人に訊けと、曽祖母 (曾祖叔母だったかな?) がよく言っていた。だから、ここは迷わず尋ねてみようと思ったのだ。
「無作法とはなにか?」

無作法とは、定義をしてみると、実害を及ぼすわけではないが、嫌な思いを人にあたえる態度である。そこで、無作法な人とは、およそつぎのようなものである。
すなわち、いま眠りについたばかりの人のところへ、その人と無駄話をしたいばかりに這入っていって、呼びさます。(中略)
そしてまた、食事をしている最中に、わしは薬草のエレボロスを服用し、嘔吐と通じで体を掃除してもらったことがありますが、わしの排せつ物の中の胆汁は、ここにあるスープよりも黒い色でしたぜ、などと、その様子をくわしくはなす。

(テオプラストス「人さまざま」, 紀元前319-8年頃、森進一訳、岩波文庫)


古代ギリシャ人の著作とは信じられないようなこの洗練された筆致はどこから来るものだろうか?などと思わず長谷部選手のようなマジメな感想をもらしそうになった。でも違うんだ、わたしがテオプラストスを知ったのは、アルフレッド・ジャリの名作「超男性」で提示された ”或る世界レコード” にまつわる挿話によるもので、それは決して高尚な話題ではなくて、というかどちらかというと猥褻ネタのようなもので、いやもちろん立派なブンガクテキなテーマではあるのだが・・・(以下、略)




にほんブログ村 本ブログへ



570. 子供のころ好きだった光景 (Today's Soup)

index.jpeg index2.jpg index3.jpg index4.jpg


そういえば、そんな光景を見ていた。
かもしれない。
言われればそんな気がする。
ような気もする。
これは、ぼくらが子どもの頃に見ていた、そんな無数の光景のひとつなのだと思う。

エスカレーターをおりる直前、ステップの溝が吸い込まれる櫛目プレートのところに煙草の吸いがらが一つひっかかり、小さく撥ねながら回転しているのが目に止まった。私は中二階に降り立ち、振り返ってその吸いがらをしばらく眺めた。それは子供のころ好きだったスーパーマーケットでの光景、マヨネーズやピーナツバターやオリーブの瓶、それにオレンジジュースの缶やスープの缶が、ベルトコンベアの端にひっかかってくるくる回り、ラベルが何度も現れては消える    ヘルマンズ! ヘルマンズ! ヘルマンズ! あの光景の早回しヴァージョンだった。

(ニコルソン・ベイカー「中二階」,1988、岸本佐知子訳)


男が、ビルのエスカレーターを昇っていく。
ここから作品が始まる。
男は、昼食のついでに靴ひもを買い、同じビルの中二階にあるオフィスへ戻っていく。
ここで作品は終わる。

その間の時間に彼の頭に浮かんだ事柄が、正確にそしてやたら細かく、瑣末な部分まで語られていく。
これはそんな小説である。
しかしなぜ日常のディテールを書き連ねただけのようなこの小説がこんなにもスリリングで魅力的なのだろう! ・・・わたしの場合、ただ ”早回し” に弱いだけなのかもしれないが。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ







569. アン・ビーティ、おいしそうなのに食べたくならないスープ (Today's Soup)

THE NEW YORKER STORIES2


アン・ビーティは、よく料理や食事の場面を描く。
しかし読むたびにそれが何かもどかしく感じるのである。

そのもどかしさの理由を看破してくれたのはとある書評家だった。
書評家の倉本さおりさんによれば、アン・ビーティを物語る3つのポイントは次のとおりだという。
①女性同士、とくに母娘の関係
②おいしそうなのに食べたくならない料理の数々
③犬の小説


ディナーはうまくできそうだ。デイルは、リーキとサルシフィをピューレにして、フードプロセッサーのカボチャに加えた   スウィートベルモットを大さじ一杯ほど加えると、味が引き締まるかもしれない。畑の上の灰色がかった青い空にピンクの筋が浮かんでいた。彼女はCDをプレイヤーに入れ、ルー・リードが 「俺はこの世界の女たちへの贈りものさ」 と淡々と歌うのを淡々と聞いた。
(中略)
 「みごとだ。みごとなスープだ」とジェロームが言った。 「いつになったらレストランの開業資金を提供させてもらえるのかね?」
 何年も前から、ジェロームはデイルにニューヨークでレストランを開かせたがっていた。(中略)
「写真のほうはどうだね?」 デイルがなにも言わずにいると、ジェロームが言った。ブレンダはまだ下を向いてスープを食べていた。
 「今、ちょっと興味深い作品に取り組んでいるんです」 とデイルは言った。 「この先に住んでいる女性が・・・・・」 彼女は暗いほうを身ぶりで示した。見えるのは、ポーツマスに渡る橋の光だけで、遠くで小さく点滅していた。 「ここに一年中住んでいる女性がひとりいて   薪ストーブで暖房しているんです   彼女の写真を撮っているんですが・・・・・いつもながらばかげて聞こえますね、なにを撮っているかを言葉にすると。まるで言葉で言い換えるみたい」とデイルは言って、ネルソンの同情を引こうとした。
 「大枠だけでいい」 とジェロームは言った。
「彼女は依頼に応じて占星図を描いているんです。本当に美しい図です。それに、彼女の手がまたすばらしい。ジョージア・オキーフを思わせる手です。彼女が硫酸紙に印をつけているときの手を撮影しました。手はその人について多くを語ります。手を変えることはできませんからね」
デイルは話せば話すほど、ばかげた気分になった。

(アン・ビーティ「この世界の女たち」,2000年、岩本正恵訳)


もどかしさの理由は、「おいしそうなのに食べたくならない料理」を見せられるような気分になるからだったのか、そう思いながらこの本を読み返していたのだが。なんと、その理由がわかったのにもどかしい気持ちはおさまらなかった。
つまり、アン・ビーティの小説に登場する女性たちの多くは、家族や友人との別れや断絶を経験し、孤独や困惑や諦めやかなしみを強くこころに抱えていて、明確なことばで自分を表現したり、男たちや世界を相手に強い態度を示せないでいる。本当はそんなところにもどかしさと共感を感じていたのかなと、そう思い直したりすることになったのである。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


568. 昼 鰹のさしみ 粥三椀 みそ汁 佃煮 梨二つ (Today's Soup)

正岡子規 仰臥漫録


或る日、とある雑誌をながめていたら、『読み物としての「日記」』という特集記事が載っていた。
それで、毎日の食事について尋常でない気魄で書き続けた作家の日記のことを思い出したのである。

九月四日 朝曇 後晴
昨夜はよく眠る
新聞『日本』『二六』『京華』『大阪毎日』を読む例の如し 『海南新聞』は前日の分翌日の夕刻に届くを例とす。
朝 雑炊三椀 佃煮 梅干
   牛乳一合 (ココア入) 菓子パン二個
昼 鰹のさしみ 粥三椀 みそ汁 佃煮 梨二つ
   葡萄酒一杯 (これは食事の例なり 前日日記にぬかす)
間食 芋坂団子を買来らしむ(これに付悶着あり)
あん付三本焼一本を食ふ 麦湯一杯
   塩煎餅三枚 茶一椀
晩 粥三椀 なまり節 キャベツのひたし物
   梨一つ
午前種竹山人来る 菖蒲田原釜なこそなどの海水浴に遊んで帰ると 原釜にては松魚一尾八銭高きとき十三銭
家庭の快楽といふこといくらいふても分らず
   物思ふ窓にぶらりと糸瓜(へちま)哉
肋骨の贈り来りし美人画は羅(うすもの)に肉の透きたる処にて裸体画の如し
   裸体画の鏡に映る朝の秋
   美女立てり秋海棠の如きかな

(正岡子規「仰臥漫録」、明治34年の日記、岩波文庫)



明治34年(1901)、35歳の子規は病床にあった。病床で起こされた日記は、臥せることができない
ので、「仰臥漫録」という題名どおり仰向けのまま毛筆で記されたものだという。そして、日記の内
容はといえば、天候、見舞客の応対、三度の食事と間食、服薬と治療、睡眠、便通等の単調な日
課を繰り返すだけの様子が綴られている。しかし、

しかし、「最後の病床にあって彼はなお巨人である。」 (阿部昭、岩波文庫・解説)
単調で瑣末な日課の繰り返しでしかないはずのものを、尋常でない気魄と、仮借のない洞察力で
書き綴り続けた作家の強健な精神にはただ感嘆するばかりである。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



567. ボナールの食卓 (Today's Soup)


ボナール、Dining Room Overlooking the Garden 1930-31MOMA
(ボナール、「Dining Room Overlooking the Garden」 1930-31,MOMA)


ボナール(1867-1947)は、幾つも食卓や食堂の絵を描いた。
上の画像も、そんな一枚である。 縦長の構図、優しい光と温かい色彩、額縁に切り取ったような庭、画面の端に一部が見える女性の姿、そして慎ましやかではあるが充実した食べ物が並んだ食卓 (もちろん、スープも並べられている)、
ボナールらしさと魅力がいっぱいに出た作品だと思う。

しかしこれは静物画ではなくて、室内画である。
あるいは家族の肖像といってもいい作品だと思う。
画面の端で断ち切られたような姿で覗く彼女がいる情景を描いたものだと思う。



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです


566. フジタの食卓 (Today's Soup)

フジタ、Portrait de Léonard Foujita avec au fond le tsutsugaki quil a réalisé
(Portrait de Léonard Foujita avec au fond le tsutsugaki qu'il a réalisé, 1936)


フジタの自画像である。
本来、この絵は、背景に掛けられた「筒描染(つつがきぞめ)」にまず眼を向けるべき作品なのだと思う。
しかし、それは承知の上で、わたしは、このフジタの食卓について書いてみたいのである。

ここで描かれているのは、小さな食卓(卓袱台)、おひつ、急須と湯呑、鯵の塩焼(頭と骨)、枝豆(殻)、胡瓜の漬物、里芋の煮付、醤油差し、醤油を入れた小皿、箸、飯碗、そして空になった味噌汁の椀。
時代は、1936年であった。



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです




被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク