スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1207. 街/ブロードウェイの天使 (NYC百景)


ブロードウェイCIMG0311 (2)


何処か郊外から遊びに出てきた三十歳前後の男が数人、それぞれ手にビクトリア・シークレットの紙袋を下げて歩いている。    これが現在のブロードウェイのイメージだと書けば叱られるだろうか。そういえばわたしだって、クラス会の夜、みんなでドンキの袋を下げて心斎橋を歩いたっけ。

正月休みのこと、なにげにテレビをつけると 『野郎どもと女たち』 (1955,ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ)が放映されていた。これぞ我が愛するデイモン・ラニアンの原作を映画化したものである。
元になったのは、「血圧」と、「ミス・サラ・ブラウンのロマンス」の二つの短篇。いずれも、邦訳は、新潮文庫版の短編集『ブロードウェイの天使』に収録されている。

さて、ある日曜日の夕方のことだ。ブロードウェイを歩いてたザ・スカイは、四十九丁目の角で伝道師たちの集会にぶつかる。この連中は好んで日曜の夕方に集会を開き、幾人か罪人(つみびと)をつかまえて魂を救おうというわけなんだ。ただしおれに言わせれば、ブロードウェイのこのあたりで罪人をつかまえるにしちゃあ、ちっと時間が早過ぎると思うね。なぜかというと、その時間には罪人たちは前の晩の罪の疲れでまだベッドでゆっくり休養しているからさ。それにだよ、その晩また新しい罪を重ねるためにも、この休養は絶対に必要というわけだ。
(「ミス・サラ・ブラウンのロマンス」、加島祥造訳)


なんたって、古き良き時代のブロードウェイという街を知るのに、ラニアンの小説は持ってこいなのである。
加島祥造さんの訳文も、ぴたりと決まっている。
この短編集を一冊読めば、1930-40年代のこの街に、きっと来たかったと思うことだろう。ビクトリア・シークレットのカタログを見ながら、わたしもそう思ったのである。


にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

1206. 駅/グランド・セントラル駅 (NYC百景)


グランドセントラルCIMG9426 (2)


空港からのバスを下りると、そこはグランド・セントラル駅だった。
ニューヨークを舞台にした三文小説は、よくそんな始まり方をする。
(山形浩生「ニューヨーク物見遊山」)


ということで、今日の記事は「グランド・セントラル駅」である。
最近の東京駅構内の様変わりの状況を見ていると、今更、駅ナカの賑わいについて書いても仕方がないような気はするが、グランド・セントラルの駅ナカも、なかなかのものなのである。といっても、ニューヨークばななを売っているというわけではない。見るべきは、歴史のある地下のダイニング・コンコース、プラネタリウムを思わせる天井画、そして24時間営業のAppleストア、といったところだろうか。ジャック・フィニイの小説に登場する秘密の地下フロアは、残念ながら発見できなかった。


applestore.jpg


はじめは、誰の注意もひかずにすりぬけてゆく。しかし、グランド・セントラルに近づくにつれて、小売店の集まった地域で、突然みんながこちらに気づく。どっちを向いても、疑わしげな厳しい目がこちらをねめつけて、こちらの後を追い、背後をふさぎ、ブツブツ言いながら行く手にも立ち現れる   地獄の業火のような憎悪をうかべた顔が全方向から包囲をせばめてくる。ほかの連中もその後ろに群がる・・・・・・(中略)
ビリーは青酸とガラスの破片ピストルを抜いて、群衆に血路をぶちぬく。ブレードランナーたちはそこを駆けぬける。
(バロウズ「ブレードランナー」、山形浩生訳)


ウィリアムズ・S・バロウズの小説「プレードランナー」(1979,1986)にも、グランド・セントラルが登場する。
物語のクライマックス、ブレードランナーと暴徒たちが集う舞台がこの駅なのである。
念の為、書き添えると、この小説とリドリー・スコットの映画「ブレードランナー」とはまったく関係が無い。ただし、両方とも名作であることは同じである。



にほんブログ村 本ブログへ



被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。