★高丘親王航海記


高丘親王航海記


澁澤龍彦の「高丘親王航海記」、
これは、もう、すべての読書少年にとって聖書のような本である。ただし、黒色の聖書。
手にとるだけで、心が揺れ、表紙を開くだけで、動悸が高まる。
ひとたび、物語を目にするやいなや、天竺まで飛んでゆけ、と声がかかり、その後は、ひたすら身をまかせ、夢の中に迷うことしかできない。
この本について書くなど、千年、早いと自省する。
いっそ、澁澤龍彦のように、読書中に死にたいと、私は思う。



にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

★エリナー・ファージョン レモン色の子犬


The_Little_Bookroom_cover.jpg  ムギと王さま


岩波少年文庫、石井桃子の訳業、素晴らしい物語の宝庫である。
中でも、わたしが好きなのは、これである。

「レモン色の子犬」(1955)は、短篇集『ムギと王さま』に所収。木こりと王女の恋ものがたりである。ファージョンの数ある作品のなかでも、大好きな一篇。正真正銘の五つ星のおはなしである。
・・・引用部は、木こりの少年ジョーが王女のねこをみつけたほうびに、王さまから何がほしいかと問われる場面。ここに登場する子犬の耳の色がレモン色なのである。

ジョーは、王女さまがほしいといいたかった。王女さまなら、ジョーのクランバー種の子犬とほんとによくつりあったのだ。王女さまの髪は、ちょうど子犬の耳の色とおなじだったし、王女さまのやわらかい茶色の目は、スパニエルにもひけをとらず、とけるようにショーを見ていた。けれども、もちろん、王女さまは話にならなかった。だから、ジョーは答えた。
「あっしに、王さまの木こりをつとめさせていただきとうございます。」
(石井桃子訳)


この短編集の原題は、『THE LITTLE BOOKROOM』という。
ファージョンは、子供のころ学校へ行かず雑多な本がいっぱいつまった「本の小部屋」にこもって本を読んでいたそうだ。そして作家となったファージョンが 書いたのも、雑多でとりとめもなくてそして小部屋にこもっていつまでも読みふけりたくなるような、そんな本ばかりだ。
でも、彼女の恋ものがたりは、ちょっと特別である。こんなにステキな物語を読んだよと、みんなにふれてまわりたくなる。「レモン色の子犬」は、そんな作品だと思う。


にほんブログ村 本ブログへ


被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク