スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

528. 「ストリキニーネ入りのスープ」 (Today's Soup)

Strychnine in the Soup
(BBC、「Wodehouse Playhouse/Strychnine in the Soup」:YouTube)



毒薬としてのストリキニーネが登場するミステリは、クリスティの「スタイルズ荘の怪事件」、クィーンの「Yの悲劇」等々、多数の作品があるらしい。しかし、わたしのお気に入りは、このなにやらミステリに成り損ねた作品の方である。

「どうしたんだ?  友達でも失くしたか?」
「 もっと悪い 」 と、 ”ドラフト・スタウト” 。 「 ミステリ小説を失くしたんだ。 ここに来る汽車の中で半分まで読んだんだが、それを忘れてきた 」
「 インテリア・デコレーターをやっている甥のシリルが 」 と、ミスター・マリナーが割り込んだ。 「 まったく同じ目に遭ったものですよ 」
(P・G・ウッドハウス「ストリキニーネ・イン・ザ・スープ」、岩永正勝、小山太一・共訳)


「ストリキニーネ・イン・ザ・スープ」(1932)は、ウッドハウスの”マリナーもの”の一篇。邦訳は、文芸春秋版のウッドハウス選集第3巻『マリナー氏の冒険譚』に所収。
タイトルとは裏腹に、ミステリではなく、いつものユーモア小説である。いつもの、と思わず書いてしまったが、これはマリナーものの中でも、名作ではないだろうか。もちろん、ドタバタ喜劇のスラプスティック譚の小品に名作もなにもあったもんじゃないと言われる方もいるだろうが、ここまでくだらなくて笑わせてくれるならば名作と言ってもよいのではと私は思う。ただ作中、 "スープ" が活躍しないという難点があることは付け加えておこうと思う。
なお、画像は、1970年代にイギリスでテレビドラマ化された時のものである。
興味のある方は、こちら。(YouTube、音量注意)



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。