スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

529. 「できれば火星に埋葬してほしい」と彼は言った  (Today’s Soup)

Listen to the Echoes


「Listen to the Echoes」(2010)は、レイ・ブラッドベリ(1920-2012)とサム・ウェラーの共著の形を取っている。ブラッドベリ研究者としてのウェラーが、10年に渡って続けてきた作家へのインタビューをまとめたものである。

「できれば火星に埋葬してほしい」 と彼は言った。
「赤い惑星に埋められたいんだ。遺灰は、トマトスープ缶に入れてもらおうと思う。子どものときにいっぱい食べさせられたからね」

(「Listen to the Echoes」、ウェラーの質問に対するブラッドべりの答え)


そして彼のはなしは、 『墓石には、幾つかの自作の書名と一緒に、”献花はタンポポに限る” と書いておこうかな』 と続く。 (合掌)




にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです


関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。