スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

537. あんまりおいしくもなさそうに、スナフキンは、そまつなスープをのみました

ダヴィンチ,スナフキン


スナフキン、ムーミントロールの親友。主要キャラクターの中では唯一、服を着て靴を履いている。
原作のスナフキンは理知的ではあるが孤独を好み、人づきあいが苦手な人物として描かれている。自由と孤独、音楽を愛する旅人。物事を所有することを嫌う。スナフキンの自由気ままな生き方は、子供たちはもとより、日々の生活に疲れた一部の大人たちの郷愁・憧れを誘い、「スナフキン的な生き方」は理想の生活、スローライフの代名詞として用いられることもある。  コミックスのスナフキンは原作よりもやや外向的である。しかし自分の嫌いな人々がムーミンの家にやってくるとこそこそ逃げだしてしまう。  初期のアニメ『ムーミン』では理知的で静かな大人という雰囲気のキャラクターである。主人公のムーミンに対して、その人生観や世界観によって影響を与えていく、いわば「導き手」としての役割によると考える人もいる。  アニメ『楽しいムーミン一家』では、ムーミン一家以外の人たちに対しても無愛想にならず、友好的に接している。何かと事件解決の突破口を作ることも多い知恵者的立場で活躍する。周囲からは信頼され頼りになるキャラクターという設定である。(Wikipediaより抜粋)

三月のすえの、あるよくはれた、おだやかな日のことでした。北へ北へとめざしてきたスナフキンは、まだ山の北側に雪がきえのこっているあたりまできました。
かれは、南の故郷をでて、小鳥がさえずっているのなんかをききながら、だれにもあわずに、一日じゅう歩いてきたのです。(中略)

あしたも、きのうも、遠くはなれていました。おまけに、いまはお日さまがきらきらと赤く、しらかばの林のあいだにかがやいていて、風はやわらかく、さわやかでしたもの。
「こりゃ、歌をつくるのにもってこいの夕方だぞ」
こう、スナフキンは思いました。あたらしい歌です。(中略)

スナフキンは水をすったこけのそばにたちどまって、耳をかたむけながら考えました。「ぼくのしらべの中に、小川の音もいれなくちゃいけないな。そうだ、リフレーンにつかおう」だしぬけに、たきの近くにあった小石がくずれおちて、小川のしらべを一オクターブ高めました。
「わるくないぞ。こんなふうにやるんだ。流れのとちゅうでの、だしぬけの変化。ぼくはこの小川に、小川そのもののしらべを見つけてやらなくちゃ」
スナフキンはふるぼけたシチューなべをとりだすと、たきから水をくみました。それからもみの木の下へいって、たきぎをさがします。(中略)

そのうちに、かわいたきりかぶが一つと、かれ枝が四、五本見つかったので、かれは小川のそばで、キャンプファイアをもしました。
スナフキンは、いつでも自分の食事は、自分でにるのです。そうして、よっぽどのことがなければ、他人のためには食事はこしらえてやりません。他人の食事のことなんか、気にしないのです。とにかく、みんなのいうところでは、そうでした。(中略)

あんまりおいしくもなさそうに、スナフキンは、そまつなスープをのみました。そのあいだにも、かれの目は、しらかばの木のそばのみどり色のこけを、じっと見るともなく見ていましたっけ。歌のしらべが、すぐ近くまできていたのです──やすやすとしっぽでつかまえられそうに。でも、いそぐ必要はありませんでした。それはもうとりかこまれていて、にげることはできないのですから。「うん。まず、おさらをあらったほうがいいな。それから、パイプに火をつける。──やがてキャンプファイアももえつきて、夜の動物たちが、たがいにあいてをよびはじめる。そのときに、歌はつかまえればいいんだ」

(トーベ・ヤンソン 「ムーミン谷の仲間達/春のしらべ」 1962、山室静訳)



わたしの好きなスナフキンは・・・、と考えてみる。
わたしの好きなスナフキンは、しっぽがある。
嗅ぎタバコを吸う。
冬眠する。
ギターとアコーディオンを弾き、歌う。
歌をつくる。
デートに誘われると驚いて川に落ちる。
あんまりおいしくもなさそうにスープを食べる。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです






関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。