スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

555. 海亀クン、コミカル・アイロニカル犯罪同盟がねらっているよ (Today's Soup)

>カレン・ラッセル


夜の海岸である。星が輝いている。数人の少年・少女たちが集まっている。
かれらは、「コミカル・アイロニカル犯罪同盟(the Comical Ironical Crime Ring)」と名乗っているらしい。そこに、ふらりと一人の少年が現れて、そんなつもりはなかったのだが、同盟にひきこまれてしまう。

「ところできみは?」ぼくは聞いた。「きみはだれ?」
ぼくは女の子に微笑みかける。彼女はかわいかった。そばかすの散った顔に、ピンク色のフレームの大きな丸めがねをかけている。ヴァニラ味のウエハースを食べたり、紙人形にイブニングドレスを貼りつけたりするのが似合う女の子だ。どう考えても、ラフィーみたいなやつと一緒にいるタイプじゃない。たぶん、ぼくみたいなやつとも。
「こいつがだれかだって?」ラフィーは女の子の頬をつねる。「こいつはおれのオンナ、マータだ」
「この人のオンナよ」彼女は幸せそうに繰り返した。
「ああ、そう」ぼくは言う。「ぼくはオリー。お会いできてうれしいです」
「で、オリー」ラフィーがもう一度聞く。「今夜のウミガメ泥棒に参加するか?」
「ええと・・・・・・うん、そうだね、たぶん。この窃盗団は具体的に何をするの?」
(中略)
「だから、そのカメをつかまえたあと、どうするつもりなの?」
ラフィーはぼくの質問を払いのけた。「その点については後回しだ。皆ペットにするかもな?それかスープにして食べるとか、なんかあるだろ?」
(カレン・ラッセル「星座観察者の夏休みの犯罪記録」、松田育子訳)


「星座観察者の夏休みの犯罪記録」は、ラッセルの第一短篇集『狼少女たちの聖ルーシー寮』(2006)に所収。この作品集を読み終わったときには、誰もが、あらたな時代の少年少女小説の登場であると言いたくなるだろうと思う。
哀しみと可笑しさにあふれた作品がいっぱいに並んでいる。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。