561. クリストファー・ドレッサーのスープ入れ (Today's Soup)

CD,小型蓋付きスープ入れ(レードル付き)1880s
(小型蓋付きスープ入れ・レードル付き,1880s:国立近代美術館蔵)


クリストファー・ドレッサー(1834–1904)は、スコットランド生まれのデザイナー。
家具、金属器、陶磁器、ガラス器、壁紙やテキスタイルにいたる様々なジャンルのデザインを手懸けた。世界で初めてフリーランスのプロダクト・デザイナーとして仕事をした人物であるという捉え方もできるらしい。1876年には来日し、日本美術工芸品に関する研究書を著している。自らの作品にも東洋の感覚を取り入れていった。


Teapot, Christopher Dresser, made by James Dixon and Sons, 1879.  Teapot, Christopher Dresser, 1878.
(左、Teapot, Christopher Dresser, made by James Dixon and Sons, 1879.
右、Teapot, Christopher Dresser, 1878.)



ロンドンのV&Aミュージアムには、彼の作品が幾つか所蔵されている。
(トップの画像のスープ入れも美しいが、)そこで見たティ・ポットの美しいことときたら!
ああこのポットでお茶を入れて、アリスたちを招きたい。



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです


関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク