スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

573. 披露宴のメニュー (Today's Soup)


ハシェク,ヨゼフ・ラダ2
(「ハムスター事件」の挿絵、ヨゼフ・ラダ)


こんなブログの記事を書いているうちに、どうも「ネタバレ」を避けることに鈍感になってきているような気がする。平気で結末部を書いてみたり。     しかし、物語の中でいちぱん美しい部分、またはスープにかかわる箇所を引用するとなると、どうしてもそうなってしまうだろう。

実は、今日も、その恐れがありそうなのだ。先に謝っておくしかない。
引用するのは、ヤロスラフ・ハシェクの短篇 「ハムスター事件」(1900-20s)、邦訳は 『不埒な人たち』(平凡社) に所収の一篇である。

翌日、婚礼が祝われ、ホンザートコ氏の家での簡素な披露宴は、次のようなメニューで行われた・・・
 ケナガイタチのスープ。
 ケナガイタチのボイル、セイヨウワサビ添え。
 ハムスターのロースト、ポテト添え。
 モルモット料理、キャラウェイ・シード入り。
 ハリネズミ入りのパイ。

(ヤロスラフ・ハシェク「ハムスター事件」、飯島周訳)


いったい 「ケナガイタチのスープ」 なんてものが登場する婚礼・披露宴とはどういうものであるのか?!
気になるのはもっともだと思う。しかし、ネタバレを避けるために、このメニューが供されるに至る経緯を話せないのが残念である。いくら無神経なわたしでもそこまでは書けないのである。

ただし、ハシェク (1883-1923) の作品の面白さについては、作家についての次のようなエピソードを紹介するだけで充分だと思う。     「ハシェクは、100を超えるペンネームを用い、注文されれば何でも、注文されなくても何でも、という調子で作品を書きまくり、千数百の短篇を残した」



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。