スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

701. リング・ラードナー、ハーモニイ (ぼくらの本が歌う時)

アリバイ・アイク


1920年代は、アメリカでは、「ジャズの時代」 と呼ばれた。
ここから、19世紀末まで時代をさかのぼると、ワシントン・アーヴィングやポオやトウェインがいて、1940年代くらいまで下ると、フォークナーやヘミングウェイやなどの作家が綺羅星のごとく現れてくる。
1920年代というのは、その中間の時期である。
そこにいた作家、ラードナー、ラニアン、アンダーソンなどの作品が、わたしは好きなのである。地味だが、そこにはたしかに人間が生きていて、あがいたり気取ったり笑ったりしながら、次の新しい時代に顔を向けているような気がする。

リング・ラードナー (1885-1933) の短編集、「アリバイ・アイク」 を読む。
(1978年、新潮文庫、加島祥造 訳)
ラードナーは、1920年代を中心に、スポーツ記者、コラムニストとして活躍するかたわら、短編小説を書いた。特に野球やスポーツを題材にした作品が多い。アメリカでは、短編小説作家として評価が高く、同時代のフィッツジェラルドに比肩するというような位置付けもあるらしい。


小説の中に登場するのは、こんな人物たちである。

 あらゆることにいいわけしなければ気が済まない野球選手、
 弟や母親まで床にのしてしまうボクシング選手、
 チームメイトから相部屋を拒否されるとんでもない新人外野手、
 どうしてもモチベーションが上がらない強打のボクサー、
 プロゴルファー兼作家を目指し日記を書き始めた16才のキャディの少年

いちばん大好きなのは 「ハーモニイ」(1915) という短編だ。
これはまちがいのない傑作だと思う。
こんな小説である。

    音楽好きの野球選手がいる。彼が好きなのはコーラスである。チームメイトとグループを組み、男声4部合唱をやる。試合の前後にはたっぷりと練習をする。この楽しみがなけりゃあ野球なんてやるものか。
ところが、あるシーズン、トレードで大事なメンバーがひとり欠けてしまった。これじゃ歌えない。なんとしても新しいメンバーを入れなくてはならないのだが・・・。

「いい話ですねぇ」 とぼくはありがたがって言った。 「レギュラーのポジションから落ちかけてる古手選手が、凡フライをあげた新米を見ただけで監督に推薦する。そしてその新米はチームにはいるやその古い選手のポジションを取っちまう!」 (中略)

「そしてこの話で一番に奇妙なのは」 とぼくはつけ加えた、「アートが後悔していない点ですね。彼とあの若者、実に仲よくやっているようじゃないですか」
「歌をうたえる人間は、誰だってアートと仲よしなのさ」
(加島祥造訳)


まず、設定が面白い。そこからの展開はだいたいナンセンスの方向に向かう。
軽妙なユーモアというより、じんわりとくる笑いである。けっこう話しっぷりはねちっこい。くすぐりの笑いではなく、それこそローブローのように効いてくる類のものである。
スポーツを描いているが、最近流行の美しくて峻烈なスポーツ小説とは対極にあるような作品である。
とにかく逞しく生きていかねばならないという人間のおかしさやかなしみであふれている。

ラードナーには、スポーツ以外のテーマを描いた作品もいっぱいある。
サリンジャーの 「ライ麦畑・・」 で引用されて有名になった 「微笑がいっぱい」 とか、老夫婦の夏旅行を描いた 「金婚式」 だとか佳品がたくさんあるので、スポーツ小説嫌いの方も困らせない。
作品集は、この新潮文庫版 (アリバイアイク) の他に、福武文庫版 (ラードナー傑作短編集) があるが収録作品数が少ないので物足りない。しかしどちらも絶版である。

いちばんいいのは、大きな図書館で、70年代に新潮社からでた短編集のシリーズ三冊を見つけることである。これなら、面白い作品を網羅している。
 「微笑がいっぱい」1970、新潮社
 「息がつまりそう」1971、同
 「ここではお静かに」1972、同

訳者によると、ラードナーの特徴は 「ユーモアと風刺」 だという。
俗語やローカル色の強い言葉をふんだんに使った 「ローブロー」 の作家だと書いてある。
実際には、今、読むと、そのユーモアや風刺が適度に風化されて、なにか奇妙な味の小説のように変わってしまっている。それでも、充分に、おかしくて、思わずにんまりとさせられてしまうような独特の視点と機智にあふれているのである




にほんブログ村 本ブログへ






関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。