スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

707. 和声よりも、僕たちには対位旋律があればいい 


Gaudy_night1935.jpg
(ドロシー・L・セイヤーズ 「学寮祭の夜」,1935)


偏愛するセイヤーズの「ピーター・ウィムジー卿」シリーズ、
ピーター卿と音楽について書こうとすれば、"鳴鐘術"の登場する 『ナイン・テイラーズ』 (1934) を外すことはできない。しかし、わたしにはもっと魅せられた作品があった。それが 『学寮際の夜』 (1935) である。 理由は明快。二作とも傑作であることは同じだが、前者がただの素晴らしいミステリ小説であるのに対し、後者はそれに加えてすばらしい恋愛小説でもあるからである。

引用するのは、ピーターがハリエットに贈ろうと古いチェスの駒を買いに二人で骨董屋にでかけてきた場面。品物を包んでもらっている間に、店の隅にスピネット(ハープシコード)を見つけたピーターは、早速お得意のバッハを弾き、次いで古い歌曲をひきはじめる。

「・・・・・モーリィの『二つの声のための小歌曲』で知っているやつはあるかね? ・・・・・それじゃ歌おう、『見よ! 夜の明くる時』・・・・・どちらのパートでもいいよ    全く同じだから・・・・・ 『愛しき人は身を飾り』・・・・・G ♮ だよ、G ♮ 」(中略)
「こういうことこそが」テノールとアルトが絡み合い、最後を仲良くしめくくると、ピーターは言った。「音楽の骨であり肉なんだ。和声は人に委せるさ。僕たちには対位旋律があればいい。」

(中略;物語は進んで最終章のカレッジの音楽会の場面に移る。壇上では二人のヴァイオリン奏者がバッハの協奏曲ニ短調を演奏しているところ)

大食堂は満員で、ハリエットの学衣に覆われた肩は連れのそれに触れ、連れの長い袖が三日月形に、ハリエットの膝に被さっていた。(中略)ハリエット自身、音を多少は頭で読み取り、旋律の縒り合わされた鎖の環を一つずつ、苦労してほぐしていくだけの知識がある。ピーターなら、入り組んだ形の全体像を聴き取ることができるに違いない。どの部分も別個に、しかも同時に。それぞれが独立していながら対等、分離していながら分かちがたく、上に下に中に移動して、知(あたま)と情(こころ)の両方を魅惑していく。
  最後の楽章が終わり、傾聴していた満員の大食堂がくつろいで拍手しだすのを待って、ハリエットは言った。
「ピーター   あれはどういう意味だったの? 和声は人に委せる、自分たちには対位旋律があれば、と前に言ったのは」
「いや、あれは」ピーターはかぶりを振った。「多声音楽のほうが好きだという意味さ。他のことを意味していたと思うんだったら、何のことかもわかったはずだ」
(ドロシー・L・セイヤーズ 「学寮祭の夜」、浅羽莢子訳)


まわりっくどい(失礼)描写が続く場面であるが、それは容赦を願いたい。
なんたっていい年齢をした二人のことである。互いの恋愛観を示し、愛を告白し、求婚に至るまでにはやたらと長い時間が必要だったのである。
めでたし。




にほんブログ村 本ブログへ







関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。