710. Pied Piper 


The pied Piper of Hamlin by Robert Browning illustrated by Kate Greenaway
(Illustrated by Kate Greenaway;The Pied Piper of Hamelin by Robert Browning ,1888)


ケイト・グリーナウェイ (1846-1901) 、
彼女の描いた”古風な服装でぎこちない動きかたをする子どもたち”の絵がわたしは大好きである。
画像は、グリーナウェイによる「Pied Piper(ハーメルンの笛吹き)」の挿絵。
なんだかわたしまで笛の音にさそわれて踊りだしてしまうような気がしたりして。


私は人によく知られた歌い手だ
旅回りの経験豊かなねずみ捕り
古く名高いこの町は
勿論 特に私を必要とするのさ
どんなにたくさんねずみがいても
それにイタチが一枚かんだとしても
この土地をすっかりきれいにかたづける
彼らは皆一緒にいなくなるしかないのだ

それにこの機嫌のよい歌い手は
時として子供さらいにもなるのだ
手におえない暴れん坊でさえ
すてきなおとぎ話をうたえばいいなりだ
男の子達がどんなに反抗的でも
娘達がどんなにとまどっても
私がギターを掻きならせば
みんな後をついてくる

(ゲーテ「ねずみ捕り」、抄訳、淵脇良子訳)



「ハーメルンの笛吹き」は、ゲーテの詩を基にして、シューベルトやヴォルフが歌曲をつくっている。
Webで、ヴォルフの曲をフィッシャー=ディースカウが歌っているのを見つけたので聴いてみることにした。 
(→YouTube 、音量注意)
     歌は素晴らしい。 絵がグリナーウェイではないことが残念!



にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク