★会田誠 滝の絵

「滝の絵」(2007-2010)は、会田誠が大阪の国立国際美術館で公開制作をした大作である。
『スクール水着の少女たちが、流れ落ちる滝の上部から下流の穏やかなせせらぎまで、あるいは険しい岩場や緑に包まれた周囲の自然の中に、実にさまざまなポーズで戯れている。』というコンセプトはさすがにアイダ!、おまけに絵の右下部分には美しい2台の自転車まで描きこまれているときては文句のつけようがない。これぞネオ日本画の傑作であると思うのでありました。


0010_1305885314.jpg


会田誠の最近の作品は、とにかく大きい。この「滝の絵」が(439×272cm)、2009年の「灰色の山」が(300×700cm)、上野の森美術館で発表した「万札地肥瘠相見図」が(450×1000cm)、「大山椒魚」が(314×420cm)、「ジューサーミキサー」が(290×210.5cm)、さらに北京で製作中の「The Ash Color Mountain」も(700×300cm)というように桁外れのサイズの作品が続く。
なぜ大きいのかと考えてみたのだが、2010年の会田誠展で本人の言葉らしきものが示されていたので引用してみる。

<大作がドーン!バーン!と来る>
<せこい小品なんてないぜ!>



…ははは、わかりやすくていいね。






関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク