600. ジョナサン・キャロル Glass Soup (Today's Soup)


glass soup


キャロルの長篇第13作の「Glass Soup」、
前作の「White Apples」に登場したヴィンセントとイザベルを再び描く。
すなわち、 ” Vincent Ettrich” シリーズの完結作という位置付けになる。

   物語は、要約すると ”キャロル版オルフェウス” である。
亡くなった夫を取り戻すために、妻は死者の国へ乗り込んでいく。オルフェウスとは男女の役割が逆転しているところが、キャロルらしさなのだろうか。ともかく、この長篇は、オルフェウスの "冥府くだり" の話や、キャロルの代表作ともいうべき ”Answered Prayers” シリーズ (Bones of the Moon, 等) の作品に匹敵するくらいの魅力にみちた物語だと思うのである。

Vincent Ettrich was thinking about food when the telephone rang. While he crossed the living room to answer it,a bowl of soup was in the middle of his thoughts. A large white bowl full of thick goulash soup and several pieces of fresh bread. Brown bread,brown soup,white bowl …
He picked up the phone and absentmindedly said “Hello?”
“Glass soup”
The wording was so close to what he’d been thinking that Ettrich had to pause a moment to separate the two. Then another moment to remember and realize the import of what he had just heard.
Glass soup.
“Who is this?”


ベルが鳴ったとき、ヴィンセントはスープについて考えていた。電話に出るためにリヴィングを横切っているときも、頭のなかはスープのことでいっぱいだった。濃厚なグラーシュが一杯にはいった大きな白いボウル、そして焼きたてのパン。
茶色のパン、茶色のスープ、白いボウル・・・
   彼がようやく電話に出ると、
   「Glass Soup」 という言葉が聞こえてきた。
   ヴィンセントは驚いた。今、自分が考えていたことを言いあてられたような気がしたからだ。
   「誰だ、なんのことだ?」

(ジョナサン・キャロル「Glass Soup」,第13章、抄訳)


偏愛するキャロル、翻訳長篇は2009年の「木でできた海」(原書,The Wodden Sea,2001) が最後だ。未訳の長篇が、「White Apples」 , 2002、「Glass Soup」 , 2005、「The Ghost in Love」 , 2008、「Bathing the Lion」 ,2014、と4冊にもなるが、邦訳版はちっとも出てくる気配がない。キャロルの人気がないのか、海外小説自体が売れないからなのか、どんな理由にしろ、見通しが立たないまま待ちつづけるのはとっても疲れる行為なのである。頼りの浅羽莢子さんが逝ってしまったことも哀しい。

おまけに未訳リストのなかに 「Glass Soup」 という作品が入っている。
わたしの ”Today’s Soup” というエントリ・シリーズは、この作品で掉尾を飾りたいというのが、最初からの願いであったにもかかわらず、である。
仕方がないので、貧しい語学力には目を瞑り、英語版を読むことにした。幸い、とあるWebサイトの洋書バーゲンで、ペーパーバック版を送料込み924円という破格の値段で買うことができたのだから幸先が良い。わくわくしながら読み進めたのでありました。



(Today's Soup、完)




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

No title

Today's Soupはおしまいですか。
楽しかったですー。

それにしても、ジョナサン・キャロルとか
けっこう人気がある作家(だと思われる)も
昨今は本が出ないんですね。
わたし調べマイナー度だと
アイザック・アシモフと
ジョン・アーヴィングの間あたりで登場したりします。

こんにちは

Sima さん

いつもコメントを、ありがとうございます。
「楽しかったです」と書いていただくのがいちばん嬉しいような気がします。

キャロルがマイナーな作家だとは一度も思ったことは無いですが、それでも実際の翻訳化の状況を見ると、やはりさびしくなりますね。




被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク