スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

713. おめでとう  (ぼくらの本が歌う時)


おめでとう 1956 「キンダーブック」1957年1月号

(茂田井武「おめでとう」,1956;「キンダーブック」1957年1月号)


少し気が早いが、今日のタイトルは「おめでとう」である。
茂田井武 (1908-56) が、『キンダーブック』 のお正月号のために描いたこの絵は、
まさにそこから "歌がきこえてくる" というのにふさわしい絵だと思う。



こどものとも  (茂田井武の挿絵、福音館版「セロひきのゴーシュ」、1956)

(茂田井武「セロひきのゴーシュ」,1956;「こどものとも」1956年5月号)


もちろん音楽というテーマであれば、同じ年に 『こどものとも』 に描いたこの絵も見逃すわけにはいかない。
こちらも、今にもそこから音楽がながれでてくるような気がしないだろうか。
茂田井武の最晩年のこれらの作品は、まさに 歌う本/奏でる本、の代表選手だと思うのである。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。