スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

715. 大晦日の夜、その梨からは甘美で人を奮い立たせる音楽が流れて来る  (ぼくらの本が歌う時)


不思議屋


オブライエンの 「不思議屋」、(南條竹則訳、光文社古典新訳文庫)
物語にまず登場するのは、背中の曲がった男(ソロン)と、大道芸人の少女(ゾネーラ)の二人。
少女は、男に物語を聞かせてくれとねだる。
それで疲れと不幸を吹き払うことができればと願っているのかもしれない。

“One day, when he was reading some book, that, small as it was, was big enough to shut the whole world out from him, he heard some music in the street. Looking up from his book, he saw a little girl, with large eyes, playing an organ, while a monkey begged for alms from a crowd of idlers who had nothing in their pockets but their hands. The girl was playing, but she was also weeping. The merry notes of the polka were ground out to a silent accompaniment of tears. She looked very sad, this organ-girl, and her monkey seemed to have caught the infection, for his large brown eyes were moist, as if he also wept. The poor hunchback was struck with pity, and called the little girl over to give her a penny — not, dear Zonela, because he wished to bestow alms, but because he wanted to speak with her. [...]."
“Why, Solon,” cried Zonela, “that’s the very way you and I met!”

 『ある日、彼が本を読んでいると    その本は小さいけれども、彼の心から全世界を閉め出すほど大きかった    通りから音楽が聞こえてきた。本から顔を上げると、大きな眼をした小さい女の子がオルガンを奏いていて、一匹の猿が集まった閑人たちに施しを乞うていたけれども、連中のポケットには手しか入っていないのだった。女の子はオルガンを奏きながら、泣いていた。陽気なポルカのメロディは、涙の無言の伴奏に合わせて、手回しオルガンから流れていたんだ。このオルガン奏きの女の子はとても悲しそうだった。猿にもその悲しみが伝染ってしまったようで、猿の大きな鳶色の目も、泣いたように濡れていたんだ。背中の曲がった男は可哀想に思って、小さい娘を呼び寄せると、一銭やった    それはね、ゾネーラ、施しがしたかかったからではなくて、その娘と話がしたかったからなんだ。(中略)』
 『まあ、ソロン』 とゾネーラは言った。『あなたとわたしが出会った時と同じじゃない!』

(オブライエン 「不思議屋」、南條竹則訳、光文社古典新訳文庫)



フリッツ=ジェイムズ・オブライエン(1828-62)は、幻想小説の傑作を幾つも遺した。
「不思議屋 (The Wandersmith)」1859 も、その一つである。
引用部のような優しいエピソードを交えながら語られる恐怖譚は、ポーやホフマンとはまた違った魅力にあふれている。

さて、恐怖譚であると種を明かしたからには、ソロンとゾネーラの運命や如何に、と胸を震わせる方もいらっしゃることだろう。それについては、ぜひ書いておかねばならない。思いがけないとびきりの結末が待っていると。    それを確かめるためにも、この短篇をぜひ読んでいただきたいと思う。

そうすれば、枝葉末節ではあるが、 この記事の標題に掲げた "梨" についての一節も、登場してくることになるので。(この一節を読めば、誰もが、大晦日の夜にはこんな梨が登場してきてほしいと願うことになるだろう)



にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。