718. トロワイヤ、仮面の商人/県庁職員は鼻唄をうたう  (ぼくらの本が歌う時)


トロワイヤ


県庁職員ならずとも、思わず鼻唄をうたいたくなる。
愉しいのである。
アンリ・トロワイヤの「仮面の商人」(1993)は、文句のない傑作だと思う。
軽妙で洒落ていて洗練されていて、おもしろいったらない。しかし油断しているとこちらのやわらかい場所を適確についてきてこころが揺さぶられる。   ほんとうのところは、鼻唄をうたっている暇などないのである。読み尽くそうとしてつくせないほどの言葉がいっぱいに詰まっている。トロワイヤと小笠原豊樹(訳)のこの小説が与えてくれるのはそういうものである。

少しは地下鉄関係の書類に身を入れなさいと、フィルティエ女史にたしなめられたのを忘れ、若者はインスピレーションに鞭打たれつつ、自分の文章を書き始める。さまざまな言葉が、グラスの中のシャンパンのように、ぱちぱち爆ぜる。フィルティエ女史は、息子を叱る母親の口調で警告する。(中略)
二度目の叱責に、ヴァランタン・サラゴスは身震いして、不承不承、現実に立ち戻る。この急速な移ろいに茫然としながら、自作の原稿を古めかしい褐色の鞄にしまいこみ、デスクの片隅でうたた寝していた地下鉄関係の書類を開く。無感動状態で書類に目を通していると、一羽の鳩が飛んできて窓台に止まり、奇妙な二人の人間を小さな丸い目でじろじろ眺める。(中略)
課長のデュヴァロン氏は、地下鉄の赤字に関するヴァランタン・サラボスのリポートを読んで、大いに満足したという。課長に直接そう言われて、課長補佐のフィルティエ女史の表情は、きわめて晴れやかだ。隣の小部屋では、言うところの「窓際族」の二人の職員の、どちらかが鼻唄を歌っている。すっかり寛大な気分になったフィルティエ女史は、その歌声に合せて頭で拍子を取る。
(小笠原豊樹訳)



「仮面の商人」は、トロワイヤが80代で書いた作品である。
だから・・、といって特別な感慨があるわけではないが、健筆というのはこういうことをを指すのだろうということだけはわかる。あらためて未読の作品を読み漁って見たいとも思う。わたしの感慨といってもその程度のものである。
しかし、小笠原豊樹(岩田宏)については、もう少し思うことがある。
ロシア語(チェホフ、他)、フランス語(トロワイヤ、他)、英語(ブラッドベリ、他)と三か国語を操った翻訳の大家は、同時にこんな作品を書く詩人でもあった。

神保町の 
交差点の北五百メートル
五十二段の階段を
二十五歳の失業者が
思い出の重みにひかれて
ゆるゆる降りて行く
風はタバコの火の粉をとばし
いちどきにオーバーの襟を焼く
風や恋の思い出に目がくらみ
手をひろげて失業者はつぶやく
ここ 九段まで見えるこの石段で
魔法を待ちわび 魔法はこわれた
あのひとはこなごなにころげおち
街いっぱいに散らばったかけらを調べに
おれは降りて行く

(岩田宏「神田神保町」、冒頭部 ; 詩集『いやな唄』,1959 所収)


小笠原(岩田)は、70年代半ば以降は、詩を書かなくなったそうだ。
日本全体に詩の時代が終わった頃だから、なのかもしれない。
しかし、小説を書き、翻訳に取組み、言葉を操ることを続けた。
街いっぱいに散らばったかけらを調べつづけたわけである。
(合掌)



にほんブログ村 本ブログへ





関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク