スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

753. 歌う声で歌の主がわかってたまるか (ぼくらの本が歌う時)


笑いの新大陸―アメリカ・ユーモア文学傑作選


「歌う声で歌の主がわかってたまるか」(1957)は、フィリップロスの短篇。
短い作品だが、高校生の少年を描いたとびきりの青春小説だと思う。

翌日体育の授業のあとでアルビーが、あの<職業>の先公のやつ、ただじゃおかんぞ、と宣言してもぼくは驚かなかった。(中略)「十時十五分がすぎてラッソーが黒板のほうを向いたら、すぐさまかがんで靴のひもを結ぶんだ」(中略)
十五分になった。ラッソーがうしろを向いてアルミニウム関連の労働者の賃金水準を黒板に書きつける。ぼくはかがみこんで靴のひもを結ぶ(中略)ラッソーの脚がこちらを向きなおるのが見えた。やつの眼にうつった光景ときたら    なにしろ、さっきまで二十五人の顔があったところになにもなくなっているのだから。あるのは生徒の机だけ。「おお、そうか」というラッソーの声がした。(中略)
 ラッソーはきちんと席につくようにいったが、ぼくらはかがんだ姿勢をくずさず、アルビーがいいというまでは席につかなかった。そして、やつの指示にしたがってこう歌った    

   りんごの樹の下にすわっちゃいけない
   すわるのならぼくとだけ
   ほかのやつとはすわらないで
   ほかのやつとはすわらないで
   いけないよ、りんごの樹の下にすわっては・・・・・・

それからぼくらは歌に合わせて手拍子をうった。そのやかましいことといったら!
(佐伯泰樹訳)


邦訳は、白水社版のアンソロジー『笑いの新大陸―アメリカ・ユーモア文学傑作選』に所収。
とここまで書いてあらためて気がついたのは、これは"ユーモア"文学に分類されるのだなぁ、ということ。
なるほど、文章の調子はユーモラスでありコミカルでもあるが、その向こうにはたしかな皮肉や晦渋の感覚が透けている。つまり、ユーモア文学というのは、元来そういうものなのだなあ、とあらためて気がつかされたのでありました。



にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。