スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

928. ヴァージニア・ウルフ キュー植物園 (Studies in Green)


KewGardens.jpg KewGardens2.jpg


「キュー植物園」(1919) は、ヴァージニア・ウルフの初期の短篇。
幾つかの邦訳があるが、ここではみすず書房版の作品集『壁の沁み』、川本静子訳から引用した。

 長方形の花壇からおよそ百本ほどの茎が立ち上がり、丈の半ばあたりにハート型や舌型の葉を伸び広げ、先端には赤や青や黄色の花びらをつけていた。花びらの表面には点々と色が浮かび上がり、花喉の暗い赤や青や黄色の部分からまっすぐに伸び出たつるは、金色の花粉にまみれ、先が少し太くなっていた。大量の花びらが夏のそよ風に揺れると、赤や青や黄色の光が互いに重なり合い、足元の褐色の大地のそこここを、この上なく複雑な色に染め上げた。光は小石のなめらかな灰色の背や、茶色い環状の筋の入った蝸牛の殻の上に降り注いだり、水滴に溶け込んで、水の薄い壁を今にも破裂させんばかりに赤や青や黄色に濃く大きくふくらませたりした。だが、水滴は破裂しないで、一瞬のうちにふたたび銀灰色に戻り、光はいま葉肉の上に宿って、伸び広がる葉脈を浮かび上がらせたかと思うと、また動き進んで、ハート型や舌型の葉が形づくる円天井の下の広々とした緑の空間に降り注いだ。そのとき、頭上で爽快なそよ風が吹くと、こんどは頭上の大気や、七月のキュー植物園をそぞろ歩く人びとの眼が、きらきらと色づいた。
(川本静子訳)


    しかし、どうだろうか、この色彩豊かな冒頭部の文章は!
しかも、植物園の描写だというのに、一向に "緑" は出てこないのである。



にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。