933. トレヴェニアン パールストリートのクレイジー女たち (Studies in Green)


Trevanian.jpg  Trevanian2.jpg


932に次いで、聖パトリックデイのはなしである。
ここには、レプラコーンは登場しないが、緑色のソーダと緑色のケーキが登場する!
物語の舞台は、1930年代のアメリカ。
今、ニューヨーク州のちいさな町に、少年の一家が引っ越してきたところ。

 裏側のホールの手摺りから頭をつきだしてアン=マリーが見守るなか、僕は地下へ続く薄暗い階段を、そろそろとおりて行った。じっとりとした、気味の悪い冷気が下からのぼってくる。妹が見ているのだから、しっかりいちばん下までおりて、地下室のドアを少しあけ、なかをのぞかないわけにはいかない。けれど、そのとき何かが聞こえた   あるいは聞こえた気がした   。僕はわざとおそろしげな声をあげて階段を駆け戻った。アン=マリーをこわがらせようとしているのであって、自分がこわがっているわけではないかのように。そういうことをしながら、でも僕たちは何度も台所に戻った。緑色のクレープ紙でつくった輪飾りがたれさがり、聖パトリックデイの紙皿やナプキンがならび、緑色のソーダまである、パーティの用意がされた台所に。僕たちは、緑色のケーキを買って帰ってくる父親の気配に耳をそばだてていた。緑色のケーキ!
(江國香織訳)


「パールストリートのクレイジー女たち」(2005)は、トレヴェニアン(1931-2005)の最後の長篇小説だという。
アイガー・サンクション(1972) 、夢果つる街(1976) 、シブミ(1979)、バスク、真夏の死(1983)と、新作が出るつど僕らを驚かせてきた作家のこと。最後の作品には、どんな新しい趣向が盛り込まれているのか。大いに期待して読んだのである。
    読んでみると、これは、とてもオーソドックスな少年小説なのだった。
この低い音域のリフばかりが続くような小説の味わい深さを、支持する読者はどれくらいいるだろうか。



にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク