スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

758. 僕はこの話を誰にもしなかった (ぼくらの本が歌う時)


Susan Stambergs anthology The Wedding Cake in the Middle of the Road


スチュアート・ダイベックの短篇「僕はこの話を誰にもしなかった」は、アンソロジー『道のまん中のウェディングケーキ』(1992、スーザン・スタンバーグ、ジョージ・ギャレット編)に収録の一篇。
アンソロジーには、タイトル通り、"道のまん中に置かれたウェディングケーキ"が組み込まれていることをテーマにして書かれた、23の短篇小説が収録されている。
邦訳(1994、白水社)では、ダイベックの一篇が冒頭を飾る。
   編者によれば、ダイベックはこの掌編において、『3ページ半の中にまる一冊分の成長小説を盛り込んだ』と、紹介している。確かに、それくらいの魅力があふれているのである。

二人がはじめてやって来た夜のことを僕は思い出す。そして、そのあとに続いた祝宴の夜を。六月なのに、いつも大晦日みたいに華やかだった。僕の短波ラジオにはビッグバンドの音楽がかかっていて(その放送局はなぜかジェイとトリッシュが来ているときに限って聞こえてくるのだ) ピ! ピ! ピ! とミニチュアのシャンペン・ボトルが跳ねた。二人が「アウト・オブ・ノーホェア」に合わせて踊る姿は本当に素敵だった。(中略)
「実を言うとだね」とジェイはほとんどひそひそ声まで声を落として言った。「(中略)僕はこの話をまだ誰にもしてないけど、トリッシュと結婚したのはだね、何と言っても、彼女が僕の人生に魔法をもたらしてくれたからなんだ。彼女がラジオをつけると、この上なく美しい歌が流れてくるんだよ」
(柴田元幸訳)


この美しい引用部だけでは、作品全体のイメージはとらえられないだろうと思う。
短篇の主人公は、あくまで語り手の「僕」である。しかし、物語をリードしていくのは、間違いなく引用部に登場する不思議な花婿と花嫁なのである。・・・ダイベックが仕掛けたこの物語の構造の中に、身を任せていると、きっと"美しい歌"が本当に聞こえてくると思う。だから、読まないと損だと思うのである。



にほんブログ村 本ブログへ










関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。