スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1201. 植物園/ブルックリン植物園 (NYC百景)


Isamu Noguchi at Brooklyn Botanic Garden 02
(Isamu Noguchi at Brooklyn Botanic Garden,01)


小説のなかの植物園、
ということであれば、たくさんの例がある。
拙ブログにも、
ユイスマンス「大伽藍」、ヴァージニア・ウルフ「キュー植物園」、
中井英夫 「火星植物園」、梨木香歩「f植物園の巣穴」
などの記事があるので、ぜひ、のぞいてみてほしい。
なぜか「植物園」の物語には、面白い小説が揃っているのである。

他にも、マイケル・オンダーチェの「名もなき人たちのテーブル」やアンディ ウィアーの「火星の人」、に登場する植物学者、
レオ・レオーニの「平行植物」や、Bozkaの「New Botany」、に登場する『幻想植物』たち、
澁澤龍彦 の「フローラ逍遥」や、荒俣宏の「花空庭園、のような博物学的エッセイ、
なぜこんなにも植物譚は、ぼくらを魅了するのだろうか。などとつい大袈裟なため息をついてしまうことになる。


Isamu Noguchi at Brooklyn Botanic Garden 01
(Isamu Noguchi at Brooklyn Botanic Garden,02)


小説/フィクションの中の植物園、については枚挙に遑がない
では、植物園の中にもフィクションはあるのだろうか?

ここに挙げた2枚の画像は、ブルックリン植物園で開かれた「イサム・ノグチ展」(2015)の作品である。
植物園とノグチの彫刻が、うまく溶け込んでいる、ぴったりの関係であると思う。
単なる野外彫刻というだけでなく、植物園と彫刻という新たな関係性が創り上げられていると感じさせるのである。


京都府立植物園、「フローラ(花の女神)」(左)と「風神」
(京都府立植物園、植物園 de RIMPA「PANTHEON ― 神々の饗宴 ―」,2015)


ほぼ同じ時期に、京都府立植物園でも、琳派400年記念イベントの一環として『植物園 de RIMPA「PANTHEON ― 神々の饗宴 ―」』という展覧会が開かれた。これもまた、新たな「植物園の意味」を提示した愉しい催しであったと思うのである。



にほんブログ村 本ブログへ









関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。