スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1205. 恐竜/アメリカ自然史博物館 (NYC百景)


恐竜CIMG0244 (2) 
(アメリカ自然史博物館、Tyrannosaurus rex)


目を覚ますと、恐竜はまだそこにいた。 ( アウグスト・モンテロッソ 『恐竜』、1959)


小説のなかの「恐竜」、
名作が幾つもある。
上に、全文を引用したモンテロッソの短篇もそのひとつ。
わたしが初めて暗唱した小説でもある。


さらば、愛しき鉤爪

そして、なによりも、エリック・ガルシアの「さらば、愛しき鉤爪」(1999)、
このとびきりの探偵小説をわたしは愛する。

おれの名前はヴィンセント・ルビオ。ロサンジェルスが根城のケチな私立探偵だ。つまらない仕事のかたわら、謎の死を遂げた相棒アーニーの死因を探っている。そんなおれを<委員会>がけむたがっているのは承知の上だ。
ところでおれは、人間じゃない。人間の皮をかぶり、人間にまぎれて暮らしているヴェロキラプトル――恐竜だ。ああ、それにしても昔はよかった……。世界中で熱狂の渦を巻き起こしたハードボイルド恐竜ミステリー、ついに登場!(ヴィレッジブックス)


この本によれば、恐竜たちは「ハーブ」に弱い。人間がアルコールやドラッグで酔っぱらうように、恐竜は薬草のにほひに酩酊してしまうのだそうだ。あの名曲「スカボローフェア」は、ドラッグ(ハーブ)に酔った恐竜たちを歌ったものであり、さらに、ポール・サイモンの正体もなんと恐竜なのであるというのだが。



にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。