☆年間ベスト10 (2015年、マイ・ベスト・ブック)


☆年間ベスト10

(A. 翻訳小説)

1. バネ足ジャックと時空の罠、マーク・ホダー (金子司訳、東京創元社)
2. 紙の動物園、ケン・リュウ (古沢嘉通訳、早川書房)
3. 文学会議、セサル・アイラ (柳原孝敦訳、新潮社)
4. オルフェオ、リチャード・パワーズ (木原善彦訳、新潮社)
5. ピンフォールドの試練、イーヴリン・ウォー (吉田 健一訳、白水Uブックス)
6. ミス・ブロウディの青春、ミュリエル・スパーク (岡照雄訳、白水Uブックス)
7. 風と共に去りぬ(新訳)、マーガレット・ミッチェル (鴻巣 友季子訳、新潮文庫)
8. 火星の人、アンディ・ウィアー (小野田和子訳、早川書房)
9. パールストリートのクレイジー女たち、トレヴェニアン (江國香織訳、ホーム社)
10. 北風のうしろの国(新訳)、ジョージ・マクドナルド (脇明子訳、岩波少年文庫)


*どれも、面白くて楽しくて順位はつけがたい。あえて、私の好みで言うと、今年の一位はマーク・ホダーである。「バネ足ジャックと時空の罠」は、デビュー作にして、フィリップ・K・ディック賞に輝く大作。その看板にふさわしい傑作だと思う。
次いで、ケン・リュウの短篇 「紙の動物園」 、短編集の冒頭に置かれたこの作品を読むだけでも、魅力がいっぱいに伝わってくる。この一作でネビュラ賞、ヒューゴー賞、世界幻想文学大賞の各短編部門賞を勝ち取っただけのことはあるのである。


(B. その他)

1. 町田康訳、宇治拾遺物語 (池澤夏樹編、日本文学全集08、河出書房新社)
2. 舞城王太郎、深夜百太郎/木下龍也、深夜百短歌太郎 (ナナロク社)
3. 吉田健一 (池澤夏樹編、日本文学全集20、河出書房新社)
4. 椰月美智子、14歳の水平線 (双葉社)
5. 蜂飼耳訳、虫めづる姫君 堤中納言物語 (光文社、古典新訳文庫)
6. 四元康祐、偽詩人の世にも奇妙な栄光 (講談社)
7. 円城塔、エピローグ (早川書房)
8. 高橋源一郎、動物記 (河出書房新社)
9. 山田太一、寺山修司からの手紙 (岩波書店)
10. 宇江佐真理、竈河岸 髪結い伊三次捕物余話 (文藝春秋)


*翻訳小説以外では、なんたって、町田康の「宇治拾遺物語」と、舞城の「深夜百太郎」がすこぶる楽しませてくれた。後者には「深夜百短歌太郎」という、豪華なおまけまでついて、言うことが無い。
さらに、池澤版・日本文学全集の充実ぶりには脱帽するしかない。町田康、吉田健一の他に、円城塔の雨月物語、島田雅彦の好色一代男、中島京子の堤中納言物語(16年刊)など、どれも垂涎モノなのである。


にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク