スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1207. 街/ブロードウェイの天使 (NYC百景)


ブロードウェイCIMG0311 (2)


何処か郊外から遊びに出てきた三十歳前後の男が数人、それぞれ手にビクトリア・シークレットの紙袋を下げて歩いている。    これが現在のブロードウェイのイメージだと書けば叱られるだろうか。そういえばわたしだって、クラス会の夜、みんなでドンキの袋を下げて心斎橋を歩いたっけ。

正月休みのこと、なにげにテレビをつけると 『野郎どもと女たち』 (1955,ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ)が放映されていた。これぞ我が愛するデイモン・ラニアンの原作を映画化したものである。
元になったのは、「血圧」と、「ミス・サラ・ブラウンのロマンス」の二つの短篇。いずれも、邦訳は、新潮文庫版の短編集『ブロードウェイの天使』に収録されている。

さて、ある日曜日の夕方のことだ。ブロードウェイを歩いてたザ・スカイは、四十九丁目の角で伝道師たちの集会にぶつかる。この連中は好んで日曜の夕方に集会を開き、幾人か罪人(つみびと)をつかまえて魂を救おうというわけなんだ。ただしおれに言わせれば、ブロードウェイのこのあたりで罪人をつかまえるにしちゃあ、ちっと時間が早過ぎると思うね。なぜかというと、その時間には罪人たちは前の晩の罪の疲れでまだベッドでゆっくり休養しているからさ。それにだよ、その晩また新しい罪を重ねるためにも、この休養は絶対に必要というわけだ。
(「ミス・サラ・ブラウンのロマンス」、加島祥造訳)


なんたって、古き良き時代のブロードウェイという街を知るのに、ラニアンの小説は持ってこいなのである。
加島祥造さんの訳文も、ぴたりと決まっている。
この短編集を一冊読めば、1930-40年代のこの街に、きっと来たかったと思うことだろう。ビクトリア・シークレットのカタログを見ながら、わたしもそう思ったのである。


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。