1008.イーユン・リー 黄金の少年、エメラルドの少女 (bicycles in fiction Ⅱ)


黄金の少年、エメラルドの少女


イーユン・リーの短篇集『黄金の少年、エメラルドの少女』(2010)、
いつもながら巧みな作品が並んでいて、堪能させてくれる。
巧みさが、小説の面白さをまったく損ねていないことも、特筆すべきだと思う。
優しさや、記憶や、孤独や、未来が、これ以上はないと思えるほど鮮やかに描かれていてこころを打つ。

窓の外を見た。薄茶色の分厚いコートを着た女が自転車に乗って、通りの長い車列の間を縫うように進んでいく。自転車の荷台に取りつけた竹製の椅子に、灰色のストールにくるまれて性別がわからない小さな子供が座っていたが、周囲の車からいらだたしくクラクションを鳴らされても、母親同然に平然とした顔をしていた。寒楓はその子供を指さしてみせた。彼も思余も、こんなふうに北京の道をたどってきたはずだ。彼は母親の後ろ、彼女は父親の後ろで。
(篠森ゆりこ訳、河出書房新社、2012)



そして、読後の幸福に浸っていると、さらに面白いものに巡り合った。
「訳者あとがき」の中に、作家自身の印象深い発言が引用されているのを見つけたのである。
ここで、彼女は、彼女の小説術について語っている。

物語を書いたら、その物語が外へ出かけていって他の物語と語り合うというふうに考えたいんです。私の物語が世に出て自立するための場をウィリアム・トレヴァーの物語が作ってくれたので、私の物語はたえずトレヴァーの物語と語り合っています。たとえば表題作「黄金の少年、エメラルドの少女」は、彼の「三人〔Three People、未邦訳〕)という物語と語り合うように書きました。
もちろん人間と同じで、物語は親しみを感じる相手とだけ心地よくつき合っているわけにはいきません。他の物語と議論したり、ときには論争したりしたいのです。
(篠森ゆりこ訳)


つまり、わたしも考えたわけである。
わたしが(拙い)短歌を詠んだら、その短歌が外へ出かけていって他の短歌と語り合うというふうに考えればいいのだと。これって、結構、だいじな発見かなと。



にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク