91.アラン・シリトー 土曜の夜と日曜の朝

「土曜の夜と日曜の朝」(1958)は、シリトーのデビュー長編である。
物語は、1950年代の英国。主人公の青年はアーサー、21歳、自転車工場で働く。当時の英国は、戦後の不況のさなかで、閉塞感の強い時代、「怒れる若者たち」が街にあふれていた。

会社でのアーサーの振りだしはメッセンジャー・ボーイで、自転車部品のサンプルを工場内の一部門から他の部門へ運んだり、運搬用自転車で市内の使い走りをした。その頃十五歳だった彼は毎週木曜日の朝、ロボーの言いつけで下町の薬屋まであやしげな使いをした。メモと金を入れて封印した封筒をわたされ、運河の土手や狭い通りを楽しみながら自転車でのろのろ店まで行くと、薬剤師はなんだかぶよぶよした平たいものが入っている褐色の丈夫な封筒と、はじめの封筒の金への釣銭をくれる。三ヵ月それがつづいたのちアーサーはロボーが何を買っているのかを発見した。(中略)
カールス並木を走りながら彼は狂ったように笑いころげ、猛烈なスピードでバスやミルクカーや乗用車まで追い越した。(永川玲二訳)



アーサーもまた、そんな時代のなかで生きている。そんな時代に生きているにもかかわらず、みずみずしい青春の時を過ごしている。土曜の夜は酒と喧騒、日曜の朝はベッドと倦怠、その繰り返し。なのに躍動しているように思えるのはなぜか。美しさと清々しさを感じるのはなぜか。そんなことをつい考えさせられてしまう作品なのである。



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク