スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

94.R・C・ウィルスン 時間封鎖

「時間封鎖」(原題「Spin」、2005)は、「Axis」、「Vortex」と続く三部作の第一作。
これだけでも文庫版上下巻750頁の大作なのに、三部作とはいったいどれだけの大長編を書こうというのか。しかも、地球を丸ごとspinと呼ばれる膜のようなもので包んでしまおうっていうんだものなぁ。海外SF作家のエネルギーと大風呂敷には今更ながら感嘆するばかりである。

ジェイスンを殺すことになるとは知らないまま、仮定体は彼の神経システムに侵入し、システム全体を改造していた。ふと、遠い昔の記憶が甦ってきた。ぼくのボロ自転車にまたがったジェイスンが、バンタム・ヒル・ロードの頂上から走り下りた午後の記憶だった。ばらばらになってゆく自転車を、ジェスは、重力と速度以外なにも残らなくなるまで巧みにコントロールした。秩序が混沌へと崩壊してゆく運命に抗いつづける彼の姿は、優美にさえ見えた。
第四期となったジェイスンの肉体も、精密にチューンアップされた機械だった。彼の肉体は、死に抗いつづけた。
(茂木健 訳)


この作品の魅力は、しかし、そんなSF的なギミックの面白さだけではない。語り手の「ぼく」と、子供のころからの友人の「双子」の姉弟、この三人の成長物語としてもなかなか読ませるのである。それを考えると、私的には、この第一作だけで充分に堪能したという気持ち。この大風呂敷的時間譚を味わいつくした感じ。


関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。