104. エドワード・D・ホック 図書館の本を盗め

傑作<泥棒バーニイ・シリーズ>の次ではやや荷が重いかもしれないが、やはりここは<怪盗ニック>に登場してもらおうと思う。「図書館の本を盗め」(1985)は、短編集『怪盗ニック対 女怪盗サンドラ』(ハヤカワ文庫)に収録の一篇である。・・・怪盗ニックのシリーズは、短編が中心で、たぶん邦訳されたものだけでも100篇以上はあるという人気シリーズである。なにより「価値のないものだけを高額報酬と引き替えに盗む」というニックのコンセプトが愉しい!

「おまえに頼みたい仕事があるかもしれないと、きのうの晩話しただろ。図書館の本を盗んでくれないか?」
「そんなことで二万五千ドルも支払うことなんかないぞ、トニー。ただその本をコートの下にすべり込ませて、図書館から出てくればいいだけだ。もっとも、本の中に磁気ストリップをはめ込んだ新しい盗難防止装置があるのなら別だがな」
「おれの問題は、その本が図書館にないことなんだ。返却期限が過ぎているのに、誰が持っているのか突き止められない」
(木村二郎 訳)


もとより、怪盗ものは大好きなジャンルである。わざわざルパンや二十面相を持ち出さずとも、同時代にバーニイ、ニック、そしてドートマンダー(ウェストレイク)の活躍が楽しめるという喜びを改めて噛みしめておこうと思う。

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク