スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

106. ダニロ・キシュ 死者の百科事典

「死者の百科事典」 (1981) は、ストックホルムの王立図書館が舞台になっている。・・・主人公の「わたし」は、ユーゴ人の女性である。父を亡くしたばかりである。旅先のスウェーデンで、友人が勧めてくれた「王立図書館」へ行く。夜の図書館は、既に閉館時間を過ぎているが、友人の口利きで入ることができる。そこで見つけたのが「死者の百科事典」である。

もう十一時ごろで、図書館は閉まっていました。でも、ヨハンソン夫人が通行証のようなものを見せると、守衛はぶつぶつ言いながらも、私たちを入れてくれました。鍵のたくさんついた大きな鉄の輪を手にしていて、ちょうど一日前、私たちを中央刑務所の『ゴドー』の上演に通してくれた、あの看守そっくりでした。接待役の夫人はこのケルベロスに私を引き渡すと、言いました。明日の朝、ホテルにお迎えにうかがいますからね、心ゆくまで図書館を見物なさったらいいわ、・・・・・・。(山崎佳代子 訳)


その事典には、世界中のあらゆる無名の死者の生涯が記載されている。ひとりひとりについて、膨大な記録を連ねている。とても精巧に、とても雄弁に記述されている。そして、アルファベット順に人名の項目を追っていくと、・・・「わたしの父」の項目もあった。・・・わずか30ページほどの短編である。ファンタジーなのかリアルな世界の小説なのか、いつのまにかわからなくなってしまうような不思議な調子の作品である。キシュは、旧ユーゴで生まれ、第二次世界大戦に翻弄されるようなかたちで生き抜いてきたという経験を持つ。小説のテーマは愛と死である。虚無を見つめながら混沌性こそ世界であると考えている。蚤の市と、廃棄物について本を書きたいと言う。この本も低く暗いトーンの小説である。それでも「わたし」は、物語の最後の部分で、前方にかすかな明かりを見つけているのだと思う。そんなことを思わせながら小説は閉じる。
関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。