スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.H・G・ウェルズ 宇宙戦争

ウェルズ(1866-1946)には、自転車についてのこんな名言があるそうだ。「Every time I see an adult on a bicycle, I no longer despair for the future of the human race.」(自転車に乗った人を見ていると、人間の未来も捨てたものでもないなという気になる)
19世紀末、ウェルズは、当時流行の先端だった自転車に乗ってロンドン郊外を走り回っていたという。

火星人が使う装置について、なによりも奇異に感じられるのは、人間が使うほぼすべての装置に共通する特徴が欠けている---すなわち、車輪が存在しないということだ。
(小田麻紀 訳)


「宇宙戦争」(1898)は、SFの古典的名作であるが、今読んでも気味悪さ十分のお話である。戦争といっても、とにかく来襲した火星人に追われてイングランドの住民が逃げまくるというだけのはなし。主人公の「わたし」もずうっと隠れているだけであって、ロンドンの町を自転車に乗って逃げまくるのは「わたしの弟」である。
しかし「わたし」は隠れてはいたけれども、実は「火星人が使う装置には、車輪がないぞ」と、こんな考察もしていたというわけか。

ちなみに、この火星人は実は未来の地球人であるという読み方もあるらしい。とすれば「車輪」もまたなにか別のメタファーであるのか・・・?。
中途半端なハテナマークを付けたところで、この項、終わります。

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。