スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

117. 中島敦 文字禍

「文字禍」(1942)は、古代アッシリヤの図書館を舞台に、「文字の霊」について書かれた短編である。この端正な文体で綴られた怪しい物語がわたしは大好きである。昔、昔、少年の頃、これを初めて読んだときに、やはり教科書でお飾りにされるような作家ではないなと、初めて中島敦の凄みがわかったような気がしたものである。

その頃  というのは、アシュル・バニ・アパル大王の治世第二十年目の頃だが  ニネヴェの宮廷に妙な噂があった。毎夜、図書館の闇の中で、ひそひそと怪しい話し声がするという。王兄シャマシュ・シュム・ウキンの謀反がバビロンの落城でようやく鎮まったばかりのこととて、何かまた、不逞の徒の陰謀ではないかと探ってみたが、それらしい様子もない。どうしても何かの精霊どもの話し声に違いない。(中略)星占や羊肝卜で空しく探索した後、これはどうしても書物共あるいは文字共の話し声と考えるより外はなくなった。ただ、文字の霊(というものが在るとして)とはいかなる性質をもつものか、それが皆目判らない。アシュル・バニ・アパル大王は巨眼縮髪の老博士ナブ・アヘ・エリバを召して、この未知の精霊についての研究を命じたもうた。


老博士の研究成果は驚くべきものであった。まず、鮮やかに文字の霊の存在を認めた。「魂によって統べられない手・脚・頭・爪・腹等が、人間ではないように、一つの霊がこれを統べるのでなくて、どうして単なる線の集合が、音と意味とを有つことが出来ようか」というわけである。なんと明瞭な分析!さらに、文字を覚えることが人間にさまざまな害をもたらすことも発見する。なんたる狼藉!文字がこんなに悪者であったとは!そして、いよいよ最終的な真理に近づいて行くのであるが・・・、結果的に文字の霊の害毒を暴き、讒謗者となった老博士を待ち構えていたのは、精霊による復讐なのでありました。
関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。