スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

125. ウィルマー・H・シラス かえりみれば

彼女が70年代に書いたというSF的ホラ話の「ミセス・トッキン」シリーズ(全4作)、「かえりみれば」(1970)は、その第一作である。創元文庫の時間SF傑作選『時の娘』(中村融編)に収録の一篇。・・・物語の冒頭、「結局、若いときって、一度きりですものね」、とつぶやいたわたしに、ミセストッキンは「そうかしらね?」と答えて、自分の十代の頃へのタイムトラベルの経験を話しだした。

「図書館に行って、本を借りてくる」わたしは言った。今の境遇はウェルズの『ランポール島のブレッツワーシー氏』にそっくりじゃないかと思いついて、読み返してみたかったの。
誰も何も言わなかった。
それで借りている図書館の本か、図書館カードがないかと探しはじめた。大捜索よ。今、自分が本を借りているのかいないのかもわからなかったんだから。
「図書館カードはサイドボードの上だよ、それが探しものだったら」しばらくして、祖母が言った。
「ありがと」とわたしは言って、カードを手に出かけた。
十一月の冷たい空気は気持ちがよかった。おかげで、さっき思いついた本はまだ出版されていなかったことまで思い出したわ。(中村融、井上知 訳)


文庫版で30ページほどの短編である。だからすぐに読み終わる。読み終わったときに、くくっと笑うことができる。それ以上の愉しみってあるだろうか。アイデアも展開も、とても気が利いているのである。・・・シラスには、ミュータントもので「アトムの子ら」という傑作長編があるらしい。次はそれも読んでみたいと思わせるだけの魅力があった。
関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。