スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

170. ポオ モルグ街の殺人事件

「モルグ街の殺人事件」(1841)は、ポオが書いた三篇の探偵小説(=パリを舞台にした「デュパンもの」)の第一作である。作品の冒頭では、「僕」がデュパンと知り合うことになった経緯が語られているのだが。なんと二人が出会ったのは、図書館なのだという。(・・・そんなことを喜ぶのは、わたしくらいかもしれないが)

十八××年の春から夏にかけて、僕は、パリ滞在中、C・オーギュスト・デュパン君と呼ぶ人物と、知合いになった。(中略)
はじめて知り合ったのは、モンマルトル街の、とある名もない図書館でだった。ちょうど偶然、僕も彼も、同じ、あるきわめて特殊な稀覯書を探していたので、二人は、たちまち親しくなった。僕たちは、それからも、たびたび会った。ことに僕は、彼が詳しく話してくれた彼の一家の歴史、いや、あのフランス人というのは、談一度己を語るということになると、実になんでもアケスケに話してくれるものだが、僕もまたその話に、すっかり興味を覚えてしまった。
(中野好夫訳)


後に探偵小説の元祖と位置づけられるようになったポオのこの作品群には、しかし、驚愕のトリックとか衝撃の謎解きとかが用意されているわけではない。では、何に驚くかというと、ポオ自身が『分析的能力なるものを、特に人並外れて具えている人間にとっては、それは、常に生き生きとした楽しみの源である』と書いていることである。さらに『真に想像的な人間は、決って必ず分析的である』とも書いている。つまり、ポオの魂の持つ二重性の片方がこの「分析力」であり、それを駆使して書きあけたのが、この探偵小説ということになるのだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。