スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200. ジョナサン・キャロル 死者の書

「死者の書」(1980)は、キャロルの第一長編である。まさに驚くべき処女作!読み始めるとすぐに独特の物語に魅了される。読み終わると今度は、この物語を書いたのはなぜ私ではないのかと悔しがることになる。もちろん小説などいちども書いたことがないわけだけれど。

それから数日間は何も起きなかった。ぼくは町をうろついて住民と話をした。みんな愛想はよかったが、ぼくの知らないようなことを話してくれる人はいなかった。マーシャル・フランスはいい奴で、のんびり油を売るのが好きな点では普通の人間と変わらんかったねえ。有名になって迷惑そうだったよ、そうとも。家庭を大事にする男だった。娘には甘過ぎることもあったが、そこが父親じゃないかね?
ぼくは町立図書館に行ってフランスの本を全部読み返した。司書は牡蠣殻を思わせるピンクのラインストーンをちりばめた眼鏡をかけ、下ぶくれの頬に紅をさした婆さんだった。(中略)司書がぼくの目をとらえ、指を曲げて机まで呼んだ。書架の後ろで騒いでいるのを見つかった悪戯っ子のような気がした。
「アビイさんですか?」と司書は厳格な口調で囁いた。
(浅羽莢子訳)


物語の主人公はアビイ、高校教師である。休職し、偏愛する作家、マーシャル・フランスの伝記を書こうとしている。資料集めを開始するとすぐに、奇妙なできごとに相次いで出会うことになる。・・・粗筋を書くとこんなふうになるが、当然ながら作品の魅力はそんなところにはない。キャロルの魅力は、その独特の幻想譚を生みだす想像力と共に、卓越した小説技術にあると思うのだがどうだろうか。その業に翻弄され魅了され尽してくたくたになって読み終わること請け合いである。


(Library at Night、完)

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。