スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆エジプト・ファイアンス

古代エジプトで作られた青い焼き物 「ファイアンス」、主に埋葬や祭祀に関わる品々や、装飾タイルに用いられた。この光り輝く青は、死の色であると同時に、生命/甦りの色でもあったのだという。


小LONDON 588


ところで、ミュージアムグッズでおなじみの青いカバ、わたしも大好きである。古代エジプトで作られた当時のカバ像は、世界で約60個ほどが現存する。ルーブルのもの、Metのもの、大英博物館のもの、三鷹の中近東文化センターのもの・・・、それぞれ表情も紋様も少しずつ異なるのだそうだ。

ちなみに、「マイピクチャー」を探してみると、写真がありました。
しかし、このカバ、色褪せてるなぁ。3000年も4000年も前の青!

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

この青カバ→

→レプリカでしたら、MetのART STOREで『Unknown Artist:Statuette of a Hippopotamus』
としてネットでも買えますね。
メンバー価格で、58.5ドルですって。こちらは3000年も経っていないので、キレイな青ですが(笑)
http://store.metmuseum.org/all-sculpture/unknown-artist-statuette-of-a-hippopotamus/invt/06003222/
(リンクはご都合が悪いようでしたら削除してください)
ミュージアム・グッズで青となると、やっぱり一番で思い出すのが、イヴ・クラインの青顔料ボトル
(International Klein Blue)ですが、この顔料、ミュージアムショップで見かけるたびに、
欲しいような欲しくないような複雑な思いに駆られます。

拙ブログをリンクに加えていただき、たいへん光栄です。
当方は手作り3ヶ月目で、ウィジェットがうまく動かず、直接HTMLで書いたりしているため、リンク
が作れておりません。リンク表示完了時には、ぜひ貴ブログ記載のご許可をお願いいたします。

おはようございます

こちらこそ、リンクの許可をいただくべきでした。順序が逆になりましたが、よろしくお願いします。

イヴ・クラインの青顔料ボトル、たしかに欲しいような欲しくないようなですが、いつか展覧会で見たBICボールペンで塗りつぶしたような「青い靴箱」なら、文句なしに欲しいのです。冬休みに自分で塗ればいいようなものでもあるのですが。


被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。