スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ホセ・グアダルーペ・ポサダ 死者の日の骸骨の自転車乗り

死者の日の骸骨の自転車乗り(1889-1895)


自転車の絵としてイチバンに思いだしたのはこの絵だった。
メキシコの画家、ホセ・グアダルーペ・ポサダの版画である。
盛大な祝祭が行われる「死者の日」に繰り出したカラベラの自転車乗りたち!
ああ、11月のメキシコシティに乗りこんで、このサイクリストたちに遭遇したいものである。


499bike③


ポサダは、画家というより生涯 「版画職人」として生きた。
しかし、たしかなことは、後のオロスコやディエゴ・リベラなどの画家たち、およびメキシコの壁画運動に大きな影響を与えることになったということである。それだけの新しさとエネルギーと魅力にあふれていた。
そして、もちろんわたしのこころにもとっても大きな影響を与えた。
彼が描いた骸骨の貴婦人「カトリーナ」の魅力に、首ったけなのである。

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。