スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

256. サキ 刺青奇譚

「刺青奇譚」、邦訳は岩波文庫版『サキ傑作集』に収録。
わずか5頁ほどの掌編であるが、サキ(1870-1916)らしい皮肉と機知に富んだ作品に仕上がっている。
   ところで、アメリカでは、ゲストルームのベッドの脇にはサキの短篇集をおいて置くことが家主の務めであるそうだ。だから・・・、

「いざ遺産をもらうと、デプリはそれほど害もなさそうなぜいたくをやってやろうと思い立った。こうしてアンドレアス・ピンチニ氏という彫り物師をひいきにするようになった。ピンチニ氏の刺青は、その土地を代表する芸術だったんだ。ピンチニ氏というのは、イタリアが生んだもっともすぐれた刺青の大家らしいが、ひどい貧乏暮しをしていたから、六百フランで喜んでデプリの背中に彫り物をする仕事を引き受けた。鎖骨から腰にかけて、イカロス墜落の絵を色鮮かに彫る仕事だ。」(中略)
「この刺青はピンチニの最高で最後の傑作になった。まだ謝礼ももらわないうちに、この一代の名人が死んでしまったからだ。」
(河田智雄訳)


だから蒐めてみました。文庫本ばかりだけど、七冊。
岩波、新潮、ちくま・・・、でもようく見ると中身は重複してるんだよね。

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。