スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

257. ウィリアム・トレヴァー アフターレイン

トレヴァーの第三短篇集の『アフターレイン』(1996)の表紙には、一枚の<受胎告知>の絵が使われている。絵のなかの聖母マリアは、もちろん青いローブを着ている。表題作「アフターレイン」の主人公のハリエットは、この絵に出会うことで自分自身の何かに気がついたように思う。

聖ファビオラ協会の受胎告知画は無名の画家のものだ。たぶんフィリッポ・リッピ派の一人だろう。はっきりとしたことは誰にも分かっていない。天使はひざまづき、灰色の翼を左右に突き出している。手にしたユリの花は半分柱に隠れている。床は白、緑、黄色の大理石である。聖母マリアは怯えているようで、右手を挙げて、訪問者を押しとどめている。(中略)
ハリエットの目は細部を記憶にとどめる。(中略)聖母の目に宿っているのは怯えではない。それは驚嘆だ。次の瞬間には清逸さがそこに戻るのだ。(中略)
そしてしばらくして、はたとひらめいた。受胎告知画は雨上がりに描かれたのだ。アーチ越しに見える遠景は今彼女が見ているつかの間の景色そのものだ。天使は雨上がりの最初のひんやりとした瞬間は神に選ばれしときなのだ。(神谷明美訳)


ハリエットは、20代が終わり、恋が終わり、子どもの頃に来たことがあるイタリアを旅行している。家族のこと、自分のこと、頭のなかにはいろんな思い出が入り混じっている。孤独を噛みしめている。散策の途中、雨宿りに立ち寄った教会でこの絵を見ることになる。その時には気がつかなかったのだが。・・・散策から帰って、やがて雨が止んだとき、はたと気がつくのである。自分のなかの過剰なものや、求めすぎていたものや、無理強いしてきたものや、雨上がりにこそ考えなくてはならないことについて。   トレヴァーらしい、とても巧みな小説。



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。