スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 桂離宮 茶室

桂離宮は、17世紀初、江戸時代初期の造営当時の庭園と建築物を遺している。
わたしが気に懸かるのは、この茶室である。青と白の市松模様の襖である。見学ツアーに混じり込んで、じっと眺めてきた。


桂離宮



美しすぎるのも居心地がわるいものである。向こうの縁側まで駆け抜けることはできないし、ふすまを外して相撲を取ることもできない。もちろん障子に指で穴を開けると弁償である。和室の楽しみってそういうものじゃなかったんだなあ。王朝文化の粋と優美を鑑賞するのは難しい。雅(みやび)ってなんだろう。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。