スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 飛燕草

ウィリアム・モリス(1834-96)にまつわる色としては、レッド・ハウス(結婚後の新居)とか、グリーン・ルーム(V&A美術館にあるモリス設計の部屋)とかが直ぐに頭に浮かぶのであるが、一方で彼が残した美しいテキスタイルの図案を見ると、「青」が重用されているのがわかる。「飛燕草(Larkspur)」も、そうした図案のひとつである。


williammorris-larkspur.jpg


もちろん、図案のなかの飛燕草は、この脇役のように控えめな小さな青い花の方である。ピンクの薔薇に主役を張らせておいて、密かに微笑んでいるという感じ。・・・ニクイやつなのである。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。