スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ OUT TO LUNCH!

Blue Note Recordsから、どれか一枚、選ぶとすると、わたしが好きなのはこれだ。
エリック・ドルフィの「OUT TO LUNCH!」(1964)である。
もちろんLP版を持っているのだが。


228798.jpg


LP版を持っているのだが、肝心のレコード・プレーヤーが無い。
でも気にならない。カラ元気じゃない。ジャケットを見てるだけで、音が聞こえてくる気がするから。   エリックのバスクラがブヒブヒ鳴る音!
もちろんそんなことをぐだぐだ書いてたって、”帽子とヒゲ”の男は、なかなか帰ってこない。長い長いランチなのである。誰かが ”So Long Erick” なんて言うからだぞとヤツアタリしたくなる。

PS. 「OUT TO LUNCH!」という書置きは、日本ならさしづめ「下ノ畑ニ居リマス」ってところか。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。