スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ ロセッティ ジェーン・モリスの肖像

ロセッティ(1828-82)は、ラファエル前派の画家、詩人である。その芸術理論はひとまず置いておくとして、彼は生涯に渡ってジェーン・バーデン(ジェーン・モリス)をモデルにした絵を描き続けたことでも知られる。その絵の数は、優に100点を越えるらしい。この”ブルー・シルク・ドレス”を着た「ジェーン・モリスの肖像」(1868)も、その一枚である。


ロセッティJane-morris-blue-silk1868


絵の美しさにはもちろん、執拗にジェーンの絵を書き続けたロセッティの想いにも、ためいきが出る。テート・ギャラリーでこれもジェーンをモデルにした「プロセルピーナ」(1874)という作品を見たならば、ためいきどころか涙まででたりして。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。