スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 人魚

人魚というと、わたしの中では、”青”のイメージである。下の画像のようなもの。
でも、大好きな映画「スプラッシュ」(ロン・ハワード、1984)では、人魚がちっとも青くなかった。

305907912_e4258b34c3.jpg

(「Blue Mermaid」、メキシコの民芸品)


それはともかく、ついでだから”人魚”の小説をひとつ。
フレドリック・ブラウンの「人魚物語」、である。短篇集『未来世界から来た男』(1961)に所収。

彼女が驚いて髪の毛を後ろへ投げやった拍子に、それまで髪で隠れていた顔と胸があらわになった。彼はこんなにも美しい生き物がこの世に存在しえたのかと目を見張った。
彼女は紺碧の瞳に、はじめは恐怖の色をたたえて、まじろぎもせずに、ロバートをじっと見つめた。それから、「あなたは男なの?」とたずねた。
(小西宏訳)



ははは、さすがはフレドリック・ブラウン、笑い転げること必至!
そりゃあまあ、ただの下ネタなんだけどさ。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。