スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

293. ヴォネガット パウダーブルーのドラゴン

「パウダーブルーのドラゴン」(1954)、短篇集『バゴンボの嗅ぎタバコ入れ』(1999)に収録。若き日に書かれた作品を集めたこの本は、彼の断筆後に出版された。同じ初期の作品を集めた短篇集の『モンキーハウスにようこそ』と比べると、こちらはSF・ファンタジー色が薄い。それだけに、50年代の雰囲気が感じられて愉しいのである。

ダゲットはいらだってきた。「マリッティマ=フラスカーティは、インドのマハラージャやテキサスの石油王が遊びに乗る車だ。五千六百ドルだぞ、おい!それを買って、おまえの貯金はいくら残る?」
「車の保険と、二、三度満タンにするだけのガソリン代にはじゅうぶん」キアーは立ちあがった。「もし、ぼくに車を売りたくないなら・・・・・・」(中略)
午後の町の静けさを破ったのは、スターターの回転音とすばらしいエンジンの上品なうなりだった。キアーはパウダーブルーのマリッティマ=フラスカーティの運転席、レモン・イエローの革張りシートに身を沈め、靴の爪先でそうっと圧力をかけるたびにとどろく甘美な雷鳴に聞きほれた。ごしごし洗った顔はピンク色、髪は刈りたてだった。
「最初の千マイルはスピードを出すんじゃないぞ、いいな?」
(浅倉久志訳)


物語の舞台は、50年代のアメリカ、海辺の町に住む若者が、四年間せっせと働いてためた貯金を、そっくりはたいて高価な車を買おうとする話。いや、実際に買ってしまうのだ。
短くて軽くてなんてことのないプロットであるが、若々しくて気が利いていて、後味がすこぶるよい。ヴォネガットは、短編もいいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。