スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

325. マーク・ワインガードナー メジャーリーグ、メキシコへ行く


「メジャーリーグ、メキシコへ行く」(1996)は、すぱらしいエンタテイメントの小説である。なんたって野球小説である。もうそれだけで小説のネタとしては第一級であるのに加えて、描かれているのは実名付きのメキシカンリーグの引き抜き事件であるという。さらにおまけにベーブ・ルースやヘミングウェイまで登場するときては!いやはやどんなふうに楽しめばいいのやら、もう困惑するほどである。面白すぎるだろうという予感がいっぱいで、ページをめくるのがもどかしいくらいである。

これは1946年にメキシカンリーグが行った、選手引き抜きの話だ。当時の関係者たちは、「メジャーリーグに対する殴りこみ」と呼んでいる。そしてわたし、フランク・ブリンガー・Jr.もその関係者のひとりだ。われわれは、ほかの何千という人間たちとともに、故ホルヘ・パスケルによって買い集められたコレクションの一部だった。(中略)
わたしたちはメキシコの1946年の出来事を、思いつくままに語り合った。選手組合が結成され、新聞で笑いのたねになったこと。ブルックリン・ドジャースがメジャーリーグで初めてジャッキー・ロビンソンと契約したが、新たに二グロリーグを創るのだといって、事実を隠していたこと。タンピコの外野に敷かれていた線路、ピストルを持ったメキシコの審判、ベーブ・ルースの最後の打席。話はつきない。ようやく電話を切ると、わたしは屋根裏へいき、箱の山をかき分けて目当ての箱を見つけ出した。そこには、1946年のシーズンに書いた記事の切り抜き、記者時代のノートの山、スコアカード、メキシコでの結婚証明書、ベーブ・ルースとホルヘ・パスケルとアーネスト・ヘミングウェイの三人のサインが入ったボールがあった。そして次の日から、メキシコ人がいまでも「黄金のシーズン」と呼んでいる、1946年のシーズンの目撃者さがしが始まった。
(金原瑞人訳)


ワインガードナー(1961~)は、アメリカの作家。オハイオ州生まれ、フロリダ州在住。とある作家名鑑で彼の名前がアップダイクとイェイツのあいだに記されていたという挿話以外には、情報が乏しい。新作は「ゴッドファーザー・リターンズ」(2006)である。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。