スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

329. オルダス・ハックスレー 小さなメキシコ帽


「小さなメキシコ帽」は、ハックスレーの初期の短編。短篇集「Little Mexican」(1924)に収録の一篇。邦訳は、岩波文庫版『ハックスレー短篇集』で読める。
物語の舞台は、第一次大戦前後の欧州、主人公ウースレーのイタリアでの思い出が語られる。

店の主人はそれのことを、愛情をこめて、小さなメキシコ帽とよんでいた。メキシコ帽としては、小さいほうだったかもしれないが、空間がかぎられており、すべてにつけて規模のちいさいこのヨーロッパでは、小さなメキシコ帽といったところで、ものものしいまでに巨大であり、帽子のうちでの王者だった。帽子屋のウィンドーの中央に、それがかけてあるのを見ると、その大きなつばが黒い光輪を連想させて、悪魔の王様にこそふさわしいと思われた。
(太田稔訳)


引用部は、冒頭の一節である。このさりげない書き出しから、あんな精緻で繊細で巧みな物語が展開されるとは思わなかった。この作家の魅力は初期の短編群にこそあるのだという、訳者の指摘にもすんなりとうなづける。しかしわたしは長編の「クローム・イエロー」も好きなのである。だから、ハックスレーは初期の作品に限ると書くべきか。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。