スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

346. 手塚治虫 夜よさよなら

「夜よさよなら」(1985)、手塚治虫漫画全集第325巻に所収、
初出は少年マガジン85年7月31日号。
主人公はメキシコ生まれの少年・岡崎タブロ。馬に乗って遠出の途中、誤って崖下に落ちてしまう。倒れているタブロに、誰かが声をかけてくるのだが・・・。


CIMG0046.jpg


ぼくの名は 岡崎タブロ 変な名だろ
インディオ語で なんとかいう意味なんだ
そう・・・・・・ぼくは 日本人の二世
十五年前ぼくの父が メキシコへ来て 
インディオ女性と結婚してぼくを生んだ



声をかけてきたのはサボテン(の精霊?)である。
励まし、水を与え、タブロを助けようとする。夜にだけ話しかけてくれる彼女のことを、タブロは「ノーチェス」と名付けて、物語が始まっていく。・・・植物が登場する幻想譚は数多くあるが、これも優しくてロマンチックで哀しくてなかなか読ませるのである。おまけに手塚治虫の”絵”が付いている。でも贅沢を言えば、手塚さんの絵って、ファンタジーというより、SF向きなんだよね。と思うのはわたしだけだろうか。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ





関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。